SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、ビッグデータ分析に最適化したアプライアンスにラインアップを追加

 「IBM PureData System for Analytics N3001」は、「IBM PureSystems」ファミリーのなかでも、ビッグデータの処理に特化して最適化された垂直統合型システム「IBM PureData System」の最新版になる。

 「IBM PureData System for Analytics N3001」は、非対称型超並列アーキテクチャーを基盤に採用したNetezzaテクノロジーにより、容易な導入・運用、データベースの高速処理、総所有コスト(TCO)の低減を支援するアプライアンスだという。

 高度化する分析ニーズに応えるため、搭載するCPUの能力強化、データ・セキュリティーの向上、広範な製品ラインアップの追加がなされているという。製品の主な強化点は次のとおり。

 ・高度化する分析ニーズに応えるため搭載CPUの能力強化;統計解析ツールの併用による予測分析、モバイルやソーシャルデータ分析等の分析の高度化に対応するため、搭載CPU能力を強化し、データ処理をデータベース上で行 うIn-Database分析処理能力を向上。

 ・データ・セキュリティーの向上:ビッグデータ展開において懸念されるデータ・セキュリティーの問題に対処するため、アプライアンスに搭載される全データ・ディスクに自動暗号化機能を追加し、データの安全性を向上。

 ・広範な製品ラインアップの追加:より柔軟な導入・展開を促進するため、新たにより小規模な導入が可能なエントリモデル(N3001-001)と大規模マルチラックモデル(N3001-080)を追加。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6273 2014/10/23 12:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング