SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クライム、vSphere、Hyper-V対応の統合データ保護ソリューションに最新版

 「Veeam Backup & Replication」は、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vの仮想マシンに特化したデータ保護ソフトウェアで、全世界で10万社以上が使用しているという。

 この製品の主な特徴と新機能は次のとおり。

 ・高速データ・リカバリ:インスタントVMリカバリ、インスタントVMファイル・リカバリ機能や、Veeam Explorer機能など使用した各種の高速リカバリ機能をさらに充実。

 ・データ損失の回避:バックアップ・レプリケーション機能だけでなく、WAN高速化、テープ装置サポートのサポート。NetApp、HP、EMC Data Domain、クラウドと連携するバックアップ機能を追加サポート。

 ・データ保護の検証:SureBackupとSureReplica機能によるバックアップとレプリケーションによるファイル、アプリケーション、仮想マシンの自動リストア検証。

 ・Veeam Backup from Storage Snapshot with NetApp:NetAppのスナップショットコピーから直接バックアップ。

 ・Veeam Explorer for MS SQL、Veeam Explorer for Active Directory:バックアップファイルからMS SQL/Active Directryのアイテムの直接リストア。

 ・暗号化機能:AES 256 Bitでのエンド・ツー・エンドでの暗号化機能。

 ・EMC Data Domain Boost:Data Domainへの書き込みをBoostにより最大50%高速化。

 なお、同時にVMwareとHyper-V対応の監視・レポートツール「Veeam ONE」の最新版Version8、「Veeam Backup & Replication V8」と「Veeam ONE V8」のバンドル製品で中・大規模向けパッケージの「Veeam Available Suite」、さらに小中規模向けパッケージの「Veeam Essentials」V8のリリースも開始した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6321 2014/11/10 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング