SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NRIセキュア、400種類以上の情報システム機器に対応した「セキュリティログ監視サービス」を提供

 このサービスは、企業の情報システムで広く利用されている400種類以上の情報システム機器に対応。それらの機器から出力される膨大なログ情報の監視を一元化し、NRIセキュアが独自に設計したロジックによる相関分析をリアルタイムで行うことで、セキュリティ対策の観点からみて重要なログを迅速に抽出する。

 それによって、サイバー攻撃や内部不正犯行などの脅威による被害を最小限に抑える上で不可欠なセキュリティインシデントの早期発見が可能となり、情報漏洩などのリスクを確実に軽減するとしている。

 また、対象機器の幅を広げたことにより、従来のインシデントレスポンスサービスでセキュリティ機器単体のログ情報を監視することでは不可能であった、内部不正犯行などのインシデントも発見できるという。

 さらに、監視・取得するログ情報のフォーマットを任意に定義することができるため、家電や計測装置など、さまざまなデバイスがインターネットに接続されるIoT(Internet of Things)時代を迎えて、新たにセキュリティリスクを抱える種々のシステムへの応用が期待されるという。

 このサービスは、各導入企業のネットワーク構成、情報資産、ユーザ情報を把握した上で、発生する可能性のある脅威を想定し、情報システムやデータの重要性を考慮した、重点的な監視サービスの仕組みを構築する。

 また、導入企業のビジネスにあわせて、ネットワーク上の通信やデータへのアクセス状況の監視を行うことも可能。さらに、サイバー攻撃に対して自動的にセキュリティ機器を遮断処理する「自動防御機能(Active Defense)」により、セキュリティの担当者が異常に気付いて行う遮断作業よりも、防御までの時間を大幅に短縮できるという。

 このサービスでは、NRIセキュアが日米に置いているセキュリティ監視センター(SOC)から、高度な資格を有したセキュリティアナリストが24時間365日の体制で監視・分析を行い、セキュリティインシデントを迅速に発見する。

 日本語と英語による電話・メールでの監視状況の報告や助言が可能で、グローバルに事業を展開する企業のサイバーセキュリティ対策を全世界で支援するという。

 なお、日本国内でのサービス提供は2015年1月からを予定。米国では、10月からすでに提供を開始している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6356 2014/11/19 13:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング