EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、エントリークラスサーバーなど6機種と統合管理ソフトの最新版を発表

  2014/12/25 14:00

 日本ヒューレット・パッカードは、x86サーバー「HP ProLiant サーバー Generation 9」に、コスト重視のワークロード向けエントリーシリーズとして「HP ProLiant 10シリーズ」のラックマウント型製品2機種を含む計6機種を追加すると発表した。また、HPサーバー、HP StoreServe 3PARを含むプラットフォームを単一のコンソールから管理できる統合管理ソフトウェア「HP OneView 」の最新版をリリースする。

 HP ProLiantファミリーに追加される「HP ProLiant DL60 Gen9」と「HP ProLiant DL80 Gen9」の「10シリーズ」は、クラウド、ソーシャルサービスのITインフラストラクチャのワークロード分野に対して、初期投資を抑えたサーバーの導入を可能にするエントリークラスの製品。

 「10シリーズ」は、上位シリーズの「HP ProLiant 300シリーズ」同様、冗長性や「HP ProLiant サーバー Gen 9」で強化された「自働サーバー」機能による管理性などシステムインフラとして必要な機能と拡張性を兼ね備えながら、価格を最少構成で49%低減したという。

 さらに、1ソケットのラックマウント型サーバー「HP ProLiant DL120 Gen9」と、タワー型「HP ProLiant ML150 Gen9」、そして超低消費電力のスーパーコンピュータ「HP Apollo 8000 System」向けの「HP ProLiant XL740f Gen9」、および「HP ProLiant XL750f Gen9」が発表された。

 また、新バージョンがリリースされた「HP OneView」は、データセンターのITインフラストラクチャ全体を単一の統合管理プラットフォームで管理できるだけでなく、日々の運用タスクをシンプル、かつ迅速に行える操作性により運用管理効率を向上することで自ら働く「ITの自働化」を推進するものだという。

 今回のリリースに合わせ、監視、資産管理などの一部の機能のみに限定したエディション「HP OneView Standard」の無償提供を開始する。これにより、基本的なサーバー管理に特化しての使用においても「HP OneView」の利用を促進し、次世代統合管理プラットフォームへの移行を促進するとしている。

 今回、発表された製品は次のとおり。(製品名、税抜き希望小売価格の順)

  •  HP ProLiant DL60 Gen9、217,000円~
  •  HP ProLiant DL80 Gen9、282,000円~
  •  HP ProLiant DL120 Gen9、257,000円~
  •  HP ProLiant ML150 Gen9、260,000円~
  •  HP ProLiant XL740f Gen9(「HP Apollo 8000 System」のモジュール)
  •  HP ProLiant XL750f Gen9(「HP Apollo 8000 System」のモジュール)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5