EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年上半期のネットワーク機器市場は好調を維持――IDC Japanが実績と予測を発表

  2015/01/07 14:20

 IDC Japanは、ルーター、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を含む国内ネットワーク機器市場の2014年上半期の実績と予測を発表した。

 発表によると、2014年上半期の国内ネットワーク機器市場は、移動体通信事業者のLTE設備への継続的な投資に加えて、企業の設備投資の堅調さを背景とした企業向け市場の成長によって2013年下半期から続く好調を維持しているという。

 通信事業者向け市場、企業向け市場のいずれも2014年上半期は好調で、市場全体では2010年以降で2013年下半期に次ぐ市場規模に達した。

 2014年上半期の通信事業者向け市場規模は、801億5,600万円で2010年以降で最も大きく、企業向け市場も2番目に大きい984億100万円に達した。

 製品分野別では、ルーター市場と企業向け無線LAN機器市場が大きく成長し、前年同期比成長率はそれぞれ22.3%、23.5%となった。また、イーサネットスイッチ市場も前年同期比成長率6.4%と堅調に成長した。

 ベンダーシェアは、いずれの市場においても大きな変動はないが、LTEの基地局展開に関わるイーサネットスイッチ需要が堅調な日立金属やNECが、通信事業者向けイーサネットスイッチ市場でシェアを伸ばした。またNECは、企業向けルーター市場においても、大型案件の受注によって売上を大きく伸ばしシェアを増加させた。

 今後の国内ネットワーク機器市場の予測においては、2014年~2018年にかけて上昇基調が続くとみている。

 ルーター(コンシューマー向けを除く)、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を合計した市場規模は、2018年には3,905億4,200万円にまで拡大し、2013年~2018年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、2.9%と緩やかな成長を続けると予測している。

 企業向け市場においては、データセンター向けイーサネットスイッチと一般企業向け無線LAN機器市場が成長をけん引し、通信事業者向け市場では、LTEサービスの広帯域化に伴う設備増強需要と次世代NGNサービスへの投資が鍵になるとしている。

 今回の発表は、IDCが発行した「国内ネットワーク機器市場2014年上半期の分析と2014年~2018年の予測アップデート」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5