SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、機械学習プラットフォームと高速インメモリBIツールを接続させたデータ分析製品

 「Sedue Predictor for QlikView」は、Preferred Infrastructureが提供する機械学習プラットフォーム「Sedue Predictor」とアシストが提供する「QlikView」から「Sedue Predictor」に接続するコネクタ「Sedue Predictor Connector for QlikView」で構成される。

 アシストでは、FacebookなどのSNS分析を可能にするコネクタやサイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」へ接続し、kintoneアプリに蓄積されたデータを「QlikView」に取り込んで分析できるコネクタを独自開発し無償提供するなど、「QlikView」普及へ向けた活動を行ってきた。

 2013年11月には、PFIが提供する日本初のクラウドベース機械学習分析サービス「Bazil」へ接続する「QlikView Connector for Bazil」(βプログラム)を開発し、PFI協力のもと、期間限定で「QlikView Connector for Bazil」と「Bazil」を無償で提供するキャンペーンを実施した。

 「Bazil」は、人間に代わってデータを解析し、さまざまなデータから機械でしか導き出せない法則を導き出し、観測していないデータに対しても予測を行うツール。

 今回アシストでは、キャンペーン実施時に利用者から寄せられた声などをもとに検討を行い、「Bazil」のオンプレミス版であり、クラウドサービスを利用できない顧客情報や機密情報も対象にできる「Sedue Predictor」へ接続する「Sedue Predictor for QlikView」を開発したという。

 「Sedue Predictor for QlikView」では、「Sedue Predictor」で実施した分析結果をチャート機能などが豊富な「QlikView」に連携させ、専門知識のない利用者でも「QlikView」をインターフェースとして高度で複雑、また数式が多数必要となるような分析も簡単に実現できるようにしたという。

 オンプレミス版の「Sedue Predictor」を採用したことで、顧客のセグメンテーション、クレジットカード与信、商品ターゲット、ECサイト購買、コールセンター対応状況など機密情報や個人情報が含まれるさまざまなデータ分析を自社内で実施可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6703 2015/03/30 14:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング