EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

BIGLOBE、定額制と従量課金制を用意した「クラウド型WAF」を本格提供

  2015/05/20 13:30

 BIGLOBEは、企業のWebサイトをサイバー攻撃から防御する「クラウド型WAF」の本格提供を5月20日から開始すると発表した。定額制と従量課金制の2種類のサービスを用意し、従量課金制サービスは月額28,000円(税別)から。

 今回発表された「クラウド型WAF(Web Application Firewall)」は、低コストでサイバー攻撃者の侵入をブロックできるほか、緊急パッチが必要なアプリも、適用が完了するまでのリスクを低減できるなど、専門のIT管理者がいない企業でも、すぐにセキュリティ向上が可能になるという。

 「クラウド型WAF」の特徴は次のとおり。

 1. クラウド型のため設備投資不要・最短3か月から利用可能:申し込みをするだけでクラウド上にWAFが設置されるため、導入企業のサーバへのシステムインストールやネットワーク工事などの作業が不要なほか、最短3か月から利用できるなど手軽に対策を開始可能。

 2. 機器のメンテナンスや検知エンジンの更新が不要:クラウド型でサービス提供するため、利用企業による機器のメンテナンスやサイバー攻撃に対する検知エンジンの更新は不要。

 3. 異なるサーバの設置場所・複数のクラウド事業者のサービスでも一括で対応可能:Webサイトを運用しているサーバの設置場所が異なる場合や複数のクラウド事業者のサービスを利用している場合でも、まとめて防護・監視を実施。

 このサービスは、アクセスデータが月間330GB程度までのWebサイトに適した従量課金制と、大量のトラフィックを有するWebサイトでの利用に適した定額制を用意している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5