SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

レノボ、エス・アンド・アイ、双日システムズが、PCをセキュアに一元管理可能な専用端末ソリューション

 「ThinBoot PLUS」は、レノボから提供されるPCをベースに、エス・アンド・アイが組み込み専用のOS「Windows Embedded」をインストールした端末を利用する。

 業務で利用するアプリケーションは、双日システムズが提供するミドルウェア「Spoon」で仮想化・パッケージ化し、サーバーから端末にネットワークを通じてストリーミング配信しながら通常のPCと同様の操作感で使用できるという。

 作成した書類などのデータは端末に保管することができず、あらかじめ指定されたファイルサーバーにのみ保管可能となる。

 端末本体には、アプリケーションもファイルも保管されないほか、USBメモリやスマートデバイスの接続制限なども行えるため、高度にセキュアな環境でPCを利用することが可能になるとしている。

 「ThinBoot PLUS」は、シンクライアントのようなセキュアな仕組みを持ちながら大規模な予算を必要とせず、PCを導入する費用の約1.2~1.3倍程度でシンクライアント相当のセキュリティレベルを実現できるという。

 「ThinBoot PLUS」では、すべてのユーザーデータをファイルサーバーで一括管理することになるため、バックアップの一元化が行えるほか、端末の操作ログの収集・保存・分析を行える「MylogStar」が標準で付属している。

 仮想アプリケーションの配信サーバーにクラウドを活用するなどの構成も可能で、管理者の負担を軽減することができる。さらに、専用の端末管理ツールで、ソフトウェアのアップデートや使用状況の確認など、端末の一元管理が可能になり、PCの運用管理が一段と効率化されるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6871 2015/05/27 12:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング