SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース、迅速なアプリケーション構築が可能な新サービス「Salesforce Shield」

 新サービスによって、コンプライアンスやガバナンスの要件を持つ企業、あるいは規制産業の企業は、コーディングではなく、クリック操作で、信頼できるクラウドアプリケーションを短時間で構築することができるという。

 「Salesforce Shield」は、Salesforceパートナーエコシステムを完全にサポート。Salesforce1 Platformの一部なので、Salesforce1 Platformでネイティブに構築されているすべてのアプリケーションが、「Salesforce Shield」の機能を利用できるという。

 「Salesforce Shield」によって、独立ソフトウェアベンダー(ISV)とシステムインテグレータ(SI)は、企業のガバナンスや業界要件を満たす、これまでとは違う新世代のアプリケーションを構築し、これらのアプリケーションを世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイスSalesforce AppExchangeに公開し、販売できるようになる。

 「Salesforce Shield」の内容は次のとおり。

 ・Platform Encryption(プラットフォーム暗号化)

 従来、企業は暗号化を実装するハードウェア/ソフトウェアの構築に3~6か月の期間を要していたが、Salesforce1 Platformをネイティブにサポートしている「Platform Encryptionに」よって、検索やワークフローなどの重要なビジネス機能に影響を与えることなく、ユーザーは暗号化する機密データを簡単に指定できる。

 ・Data Archive(データアーカイブ)

 生成されるデータ量が爆発的に増加している現在、企業はデータストレージのオプションをこれまでとは違った角度から考えることを余儀なくされている。Salesforce環境内で定期的にアクセスする必要のない膨大な履歴データを格納したり、データを別の場所に移行させたりする替わりに、Salesforce1 Platform上で低コストかつ迅速にアクセスが可能な、「ニアラインストレージ」へデータを格納しておくことができる。

 「Data Archive」によって、ユーザーは長期的なビジネスデータをSalesforce1 Platform上に置きながら、アプリケーションパフォーマンスとデータ可用性のメリットを最大限に活かすことができる。

 ・Field Audit Trail(項目監査証跡)

 厳格な業界規制へのコンプライアンスのためには、企業はデータの正確性、完全性、信頼性を確保しなければならない。「Field Audit Trail」によって、項目レベルで変更を追跡管理し(最長10年間)、個々のオブジェクトに異なるポリシーを設定することで、不要になったときにパージすることができる。

 ・Event Monitoring(イベントモニタリング)

 アプリケーションを誰がどのように利用しているのかという利用状況について、かつてない高い可視性を確保。IT部門は、どのユーザーがSalesforceにログインしているのか、アクセスしている情報は何か、どこからアクセスしているのか、どのチャネルを使っているのかといった情報を確認できる。

 これによって、Salesforceアプリケーションの利用状況をこれまで以上に明確に把握できるだけでなく、ビジネスをリスクにさらす危険性のある大量のデータのダウンロードといった状況も監視できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7065 2015/07/22 13:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング