SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SCC、最新バージョン9.0より一般向けにSCORモデルを提供開始

 サプライチェーンカウンシル(SCC)は、サプライチェーンマネージメントのための参照モデル『Supply Chain Operations Reference Model(通称、SCORモデル)』について、最新のバージョン9.0より非会員に対しても日本語製本版の提供を行なうと発表した。SCCのメンバーによって開発・維持・改訂が続けられていたが、従来は会員向けに提供が限定されていた。

 SCORは、サプライチェーンマネジメントを推進・実行する際に、共通のフレームワーク、共通の言語として使用するビジネスプロセスのリファレンスモデル。同モデルで規定された共通の用語・記号・指標で見える化や測定評価を行なうことによって、サプライチェーンプロセスを構成する組織や企業がSCMを考える際に必要となる認識を共有できるようになる。

 最新版のSCOR9.0は、環境対策として以前から個別に存在していたGreen SCOR、ならびにリスクマネジメントのメトリクスやベストプラクティスを多数取り込んだ内容となっている。会員は5,000円/部、非会員は20,000円/部、非会員学生は10,000円/部でそれぞれ提供する。詳細はSCCのサイトを参照されたい。

【関連リンク】
サプライチェーンカウンシル(SCC)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/713 2008/09/16 14:36

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング