EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年の国内ソーシャルビジネス関連市場は126億9,300万円と推定――IDCが発表

  2015/09/07 14:20

 IDC Japanは、国内ソーシャルビジネス関連市場を調査し、2014年の同市場の分析と2015年~2019年の市場予測を発表した。

 IDCでは、ソーシャルビジネス関連市場を、「コラボレーション」「CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)」 「ERM(エンタープライズリソース管理)」のソフトウェア市場のうち、ソーシャルネットワーキング技術に関わる14の機能分類をテクノロジー市場として抽出し、各市場でのソーシャルネットワーキング技術利用状況を考慮し、それぞれ一部を抽出し、合算したコンペティティブ市場と定義している。

 上記の市場分類で、2014年の国内ソーシャルビジネス関連市場規模は、前年比32.0%増の126億9,300万円と推定している。また、IDCが行った企業ユーザーの利用動向調査では、企業内ソーシャルネットワーキングシステム活用は、「特定の部署やプロジェクトでの利用」とした回答者が多く、利用目的も「プロジェクトの進捗/リソース管理」が最も多い結果となった。

 2015年の調査では、「顧客グループやコミュニティとのコラボレーション」「顧客へのサポート提供」などが2014年調査と比較して上位に位置しており、企業ユーザーのソーシャルテクノロジー活用の意識は、顧客やコミュニティとのエンゲージメントに移行していることが判明した。

 IDCでは、2015年以降の同市場は、企業のワークスタイル変化によるソーシャルネットワーキング技術を多用した従業員/顧客/パートナーとのコラボレーションや、プロジェクト管理/マーケティング/人事管理/調達の各分野でのソーシャルネットワーキング技術の活用が見込まれることから、2014年~2019年の年間平均成長率 (CAGR:Compound Annual Growth Rate)は26.3%で成長し、2019年には407億7,100万円になると予測している。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ グループマネージャーの眞鍋敬氏は、「ベンダーおよびシステムインテグレーターは、顧客サービス/パートナーサポートへのソーシャルテクノロジー活用、ビジネスアプリケーションへのソーシャルテクノロジー適用開発を差異化要因として実行していくことが、今後の重要な市場創造ポイントとなる」と分析している。

参考資料:国内ソーシャルビジネス関連市場 セグメント別売上額予測:2012年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表の詳細は、IDCが発行したレポート「国内企業ソーシャルビジネス関連市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5