SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2014年の国内PaaS市場規模は336億円、前年比45.8%増と急伸――IDCが発表

2014年、クラウドアプリケーションプラットフォーム市場が金額で69%を占める

 これによると、2014年の国内PaaS市場規模は、前年比45.8%増の336億4,100万円になった。市場セグメント別に見ると、クラウドアプリケーションプラットフォーム市場が232億2,400万円(前年比成長率 42.7%)、クラウドデータサービス市場が71億3,700万円(前年比成長率61.9%)で、両市場がPaaS市場全体の9割を占めている。

 PaaS市場は、企業の情報系カスタムアプリケーションの基盤としての需要をつかみ、まずクラウドアプリケーションプラットフォーム市場が立ち上がったが、先行して拡大したIaaS(Infrastructure as a Service)とのインテグレーションでの活用やDWH(データウェアハウス)向けのクラウドサービスの登場により、クラウドデータサービス市場が急速に拡大している。

 PaaS市場は、クラウド専業ベンダーにとどまらず、多くのITベンダーの注力分野となっており、今後も高い成長が続くと期待される。2019年に当該市場規模は1,038億円となり、 2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は25.3%になるとIDCでは予測している。

トップシェアはセールスフォース・ドットコム、アマゾン、マイクロソフト、グーグルが続く

 2014年におけるPaaS市場のベンダーシェアは、セールスフォース・ドットコムが1位、アマゾンが2位だった。 Force.comでいち早く市場に参入したセールスフォース・ドットコムが引き続き市場をけん引するポジションを維持している。

 2位のアマゾン、3位のマイクロソフトはIaaSとの連携を行いながらクラウドデータサービス市場で高いシェアを獲得している。IBM、オラクルなどの大手ソフトウェアベンダーもPaaS分野の取組みを強めている一方、ビッグデータ処理、IoT(Internet of Things)のバックエンドとしても有望視されており、市場への注目が高まっている。

 IDC Japanソフトウェア&セキュリティグループ マーケットアナリストの草地慎太郎氏は、「ベンダーの新規参入が相次ぎ、SoE(Systems of Engagement)を活用したニュービジネスの提案は競争の度合いを増している。しかし、海外と比較して相対的にニュービジネスに慎重な国内市場におけるユーザーの盛り上がりは十分とは言えない。顧客のシステム運用の効率化を支援するだけでなく、PaaSのような新しい技術を活用し企業の新規ビジネスをテクノロジー面からサポートする新しい形の提案が求められる」と分析している。

参考資料:国内PaaS市場セグメント別売上額予測、2014年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「国内Platform as a Service市場2014年の分析と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7548 2015/12/15 14:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    塩野義製薬データサイエンス部が開発した「AI-SAS」とは?データで変革を起こすチームと開発の裏側を訊ねる
  2. 2
    ITに積極投資する中外製薬に学ぶ「ITガバナンス」のあり方 可視化したデータにもとづく戦略的な判断を
  3. 3
    リリース前の宣伝までしたSaaSの開発が失敗──ベンダーとユーザー、それぞれが負う責任を実際の裁判事例から考える NEW
  4. 4
    生成AIコンサルタントによる5つの「ChatGPT」実務活用例、“3つのポイント”で社内浸透させる NEW
  5. 5
    自治体DXで先行するさいたま市、データ活用は「職員自らする」──“外部委託の限界”を感じ辿り着いた姿
  6. 6
    データ活用の裏に見えるIT部門の疲弊……“誰でもすぐに”を叶えるデータ収集環境の構築術とは
  7. 7
    みずほフィナンシャルCDOや松尾豊氏らが議論「コンタクトセンターへの生成AI実装がなぜビジネスの常識を変えるのか」
  8. 8
    ガートナーの専門家が語るDBMS市場のマジック・クアドラント、熾烈極めるクラウドデータベースの局面
  9. 9
    みずほリース×日立が3ヵ月で全社規模のデータ活用基盤を構築できた理由とは?プロジェクトの裏側を振り返る
  10. 10
    ITRに聞く、生成AIの実態動向と導入のポイント──期待値との調整、RAGの落とし穴、ガイドライン策定のチェックリスト

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    塩野義製薬データサイエンス部が開発した「AI-SAS」とは?データで変革を起こすチームと開発の裏側を訊ねる
  2. 2
    ITに積極投資する中外製薬に学ぶ「ITガバナンス」のあり方 可視化したデータにもとづく戦略的な判断を
  3. 3
    リリース前の宣伝までしたSaaSの開発が失敗──ベンダーとユーザー、それぞれが負う責任を実際の裁判事例から考える NEW
  4. 4
    生成AIコンサルタントによる5つの「ChatGPT」実務活用例、“3つのポイント”で社内浸透させる NEW
  5. 5
    自治体DXで先行するさいたま市、データ活用は「職員自らする」──“外部委託の限界”を感じ辿り着いた姿
  6. 6
    データ活用の裏に見えるIT部門の疲弊……“誰でもすぐに”を叶えるデータ収集環境の構築術とは
  7. 7
    みずほフィナンシャルCDOや松尾豊氏らが議論「コンタクトセンターへの生成AI実装がなぜビジネスの常識を変えるのか」
  8. 8
    ガートナーの専門家が語るDBMS市場のマジック・クアドラント、熾烈極めるクラウドデータベースの局面
  9. 9
    みずほリース×日立が3ヵ月で全社規模のデータ活用基盤を構築できた理由とは?プロジェクトの裏側を振り返る
  10. 10
    ITRに聞く、生成AIの実態動向と導入のポイント──期待値との調整、RAGの落とし穴、ガイドライン策定のチェックリスト