SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EMCジャパン、オールフラッシュストレージのデータ保護を高速で実現する機能拡張を発表

 「EMC ProtectPoint3.0」は、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」から、保護ストレージ「EMC Data Domain」へ直接データの保護を実現できるようになり、高速でコスト効率が高いデータ保護をオールフラッシュ ストレージの世界でも実現するという。

 「ProtectPoint」は、プライマリーストレージ内部において、クローンを作成することでバックアップしていた作業に、劇的な変化をもたらす次世代データ保護ソフトウェアだというう。最新バージョンである 「ProtectPoint3.0」において、「XtremIO」が保護ストレージ 「Data Domain」と直接つながるようになったことで、オールフラッシュストレージにおけるデータ保護大きく変えるという。

 Software-Definedの実現における重要な要素である階層(プレーン)の分離・疎結合化において、OracleやSAP、IBM DB2などのアプリケーションがネイティブに持つデータ保護機能とのシームレスなバックアップ連携が可能だという。

 「ProtectPoint3.0」は、業界最高クラスの重複排除機能を持つ「Data Domain」へ変更ブロックのみを転送するバックアップ方式により、バックアップ専用ソフトウェアを介して実施されていた従来方式のデータプレーンを使わずに、従来方式と比べ 20倍の速さでオールフラッシュストレージのデータ保護を実現する。

 オールフラッシュストレージにおけるバックアップ速度と効率性を大幅に向上し、かつ バックアップデータ量やネットワーク転送負荷を削減できるため、コスト効率が上がる。「ProtectPoint3.0」は、ビジネスに必要不可欠となるオールフラッシュストレージの利便性を向上し、ビジネス革新とITトランスフォメ―ションを支援する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7555 2015/12/17 15:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング