SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SRA OSS、透過的データ暗号化機能を搭載した「PowerGres Plus V9.4」を販売開始

 「PowerGres」は、「PostgreSQLをより使いやすく」「PostgreSQLをより安心して使う」「PostgreSQLに安心のサポートを」をコンセプトに、SRA OSSが開発・販売するデータベース製品で、「PowerGres Plus V9.4」は、「PostgreSQL 9.4」をベースとしている。

 「PowerGres」は、シングル構成、レプリケーション構成、HA構成などに対応したさまざまなラインアップを提供している。その中でも、「PowerGres Plus」は、「PostgreSQL」にはない機能を補完した機能的ハイエンドの製品に位置づけられる。

 「PowerGres Plus V9.4」は、透過的データ暗号化(TDE)を中心とした機能拡張がされており、データベースのセキュリティ要件が高いシステムに、最適なコストパフォーマンスでの導入を可能にするという。  「PowerGres Plus V9.4」の特徴は次のとおり。

 ・使いやすく、パフォーマンスに優れた、透過的データ暗号化(TDE)機能

 業界標準の強力な暗号化アルゴリズムAESを用いて、データベースに格納するデータやバックアップデータ、トランザクションログ、一時ファイルを暗号化可能。データは自動的に暗号化、復号されるため、アプリケーションが暗号化を意識する必要がない。

 また、Intel Xeonプロセッサの5600番台以降に搭載されたAES-NI命令を活用し、暗号化と復号のオーバヘッドを極小化しているため、パフォーマンスの劣化を極小化。近年では、「PostgreSQL」の拡張機能等でもいくつかの暗号化ソリューションがあるが、アプリケーションとの親和性、パフォーマンスの点で、「PowerGres Plus」の透過的データ暗号化(TDE)は、より大きなメリットをもたらすという。

 ・Webベースの管理ツール

 「PowerGres」には、オリジナルの管理ツールが付属。Webベースの管理ツールで、初期設定、起動・停止、パラメータ設定、メンテナンス作業、バックアップ・リストア、レプリケーション管理、統計情報のモニタリングなどにより、日々の運用が可能。

 ・24時間365日のサポート

 プレミアムサポート契約により、24時間365日のサポートを受けることが可能。「PowerGres Plus」を、よりミッションクリティカルなシステムで利用する場合に有効。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7576 2015/12/25 14:12

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング