SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Delphix、DaaS(Data as a Service)ソリューションを日本市場で展開 

 DelphixのDaaSソフトウェアは、アプリケーションのライフサイクルを通じてセキュアな仮想データを利用することが可能なため、データのボトルネックを解消できるだけでなく、ストレージのインフラにかかるコストを最大80%削減すると同時に、開発チームはアプリケーションのリリースのスピードを10倍にアップすることが可能だとしている。

 Delphixソフトウェアは、本番環境のデータベース、アプリケーション、およびファイルシステムの仮想コピーをオンデマンド方式で作成する。これにより、重複するデータのコピーをなくし、関連するインフラのコストの削減が可能なほか、統合型セルフサービスによりデータの利用を効率化するという。

 ITチームはデータを必要な分だけコピーを作成できる上、各コピーは他方に影響を与えないため、ITチームはコピーを使用して並行して作業を実施できる。また、任意の時間にさかのぼって各コピーを更新したりリセットをすることも可能だという。

 データの安全性とプライバシーについて、Delphixソリューションはデータマスキング技術を採用しており、開発時およびテスト時に使用するすべての仮想コピーから機密データを確実に除去することが可能だとしている。

 Delphixは2008年に設立、本社をカリフォルニア州メンロパークおく。日本市場においては、DelphixのソリューションはDelphixの販売パートナーを通して日本国内でも入手可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7667 2016/01/28 12:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング