SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ワークスと日本マイクロソフトがパートナーシップを締結、「Dynamics AX」生産管理をOEM販売 

 「Dynamics AX」を組み込んだ生産管理モジュールの開発・製造は、ワークスシステムズが行い、「Dyna Next」の名称でワークスが販売する。ワークスが、生産管理のOEM販売として「Dynamics AX」を採用した理由は次の3点だという。

  1. グローバルでの実績が豊富で、40か国以上の言語に対応しているため、日本国内はもとより海外の生産拠点を含めた生産管理が可能である。
  2. 多様な生産方式(組立加工型・プロセス型)に対応可能である。また、改変しやすい構成のため、日本独自の商習慣である製番管理などの機能強化が容易であること。
  3. クラウド、オンプレミスの双方に対応しているため、顧客の要望に合わせた柔軟なインフラ構成が可能な点。

 日本マイクロソフトは、ERP市場における会計・人事分野で実績のあるワークスへのこのたびの「Dynamics AX」のOEM提供を通じて、より広い層へ「Dynamics AX」の導入が拡大することを期待しているとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7676 2016/01/29 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング