SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、サイバー・セキュリティ対策をデータ保護面から支援する「リスク・アセスメント」を提供

 「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」は、企業がさらされるセキュリティ面のリスクを最小化することを目的に、リスク要因の特定と推奨される戦略策定にフォーカスし、実務的なレビューを提供する。

 このアセスメントは、データベースを中心としながらも、ストレージやネットワーク、業務アプリケーションといった周辺のシステムも対象としている。このサービスは、企業が保有する顧客データや、業務プロセス、セキュリティ・ポリシーなどに対する掘り下げた分析を行い、リスクを回避するために企業が取りうる、実行可能な手法を提示するという。

 日本オラクルは、このアセスメントの提供により、強固で実行可能なセキュリティ対策を提案することで、データ漏えいのリスクを低減し、オペレーションを合理化するとともに、監督官庁の要件を満たすことを支援するという。複数のリスク領域にまたがるとともに、企業固有の業務要件に即した提案を行うとしている。

 「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」の概要は次のとおり。

  • 既存システムのデータベース設定に関する情報収集と分析
  • オラクルの持つデータ・セキュリティ対策の標準的なベスト・プラクティスと比較して逸脱している項目を特定
  • 業務アプリケーションやデータベースの運用管理者への聞き取り調査を通じて、すでに対策されているシステムの運用・設定、利用技術において、潜在的なデータ漏えいのリスクにさらされている領域を特定
  • 上記の分析を通じて、業務プロセスや既存のシステム設定変更、新しい技術の導入といった、セキュリティの改善計画の立案支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7720 2016/02/10 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング