Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ミラクル・リナックス、 Azure上でOSSの環境設定を自動構築するARMテンプレートの作成方法公開

  2016/02/26 15:00

 ミラクル・リナックスは、Microsoft Azure上の環境設定を容易にするARM(Azure Resource Manager)テンプレートの作成方法をミラクル・リナックスのWebサイトに公開した。公開内容から、Linux VMとZabbixの環境を構築するテンプレートを作成することができるという。

 ARM(Azure Resource Manager )テンプレートは、Azureへのデプロイに必要なリソース情報を定義したJSONファイルで、外部から渡されるパラメータを変数として定義しテンプレート化しておくことで、環境構築の手続きを再利用できるようにしたもの。

 今回作成したARMテンプレートは、OSや監視ソフトウェアなどの環境情報をコード化し、Azure上にLinux OSをデプロイし、その上にさらに監視ソフトウェアのインストールまでの環境構築を自動化するもの。Azure上で必要なOSや仮想環境のサイズ、ネットワークやストレージなどをあらかじめ設定することができる。

 このテンプレートと作成方法の資料は、MIRACLE Labsで2月29日から公開する予定。このテンプレートの作成方法を活用して、他のソフトウェアのデプロイを自動化するテンプレートを作成することもできる。

 スケーラビリティの観点と、Linux/OSSを使う上で癖がなく、移植が容易なことから、多くのユーザーがLinuxの利用環境としてAzureを選択しているという。今では、Azureで稼働している仮想マシンの約4分の1はLinuxだといわれている。ミラクル・リナックスでは、テンプレートの作成方法を公開することで、Azure上でLinuxやOSSの利用を支援するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5