SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NRI、開発者向け機能強化でDevOpsを実現したIT運用管理「Senju Family 2016」

 「Senju Family 2016」では、新たにDevOps機能を追加し、開発部門と運用部門のコミュニケーションを効率化し、業務をスピードアップする。これにより、従来運用部門に依頼しないと確認できなかった情報も、統制を確保しつつ開発部門が直接確認できるようになり、エンタープライズシステムにおけるDevOpsを実現するという。なお、開発者向け機能の強化に伴い、「Senju Operation Conductor(Senju/OC)」は「Senju DevOperation Conductor(Senju/DC)」と名称を変更する。

 また、「Senju Family」をベースにした運用基盤クラウドサービス「mPLAT」では、要望が多い次の3サービスを追加した。

  1. ITサービスマネジメントの監視/分析サービス(mPLAT/IWC)
  2. イベント発生を自動通知するサービス(mPLAT/AEC)
  3. 状況を可視化するダッシュボードサービス(mPLAT/MDV)

 これらの新サービスによって、クラウドや仮想化環境に対する運用基盤の提供に加え、運用の自動化や効率化を実現する。また、収集したデータをNRIのITサービスマネージャが分析し、継続的な運用改善を支援するという。

 なお、NRIでは「Senju Family 2016」の発表セミナーを、5月27日(金)に開催するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7846 2016/03/18 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング