Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NRI、開発者向け機能強化でDevOpsを実現したIT運用管理「Senju Family 2016」

  2016/03/18 13:00

 野村総合研究所(NRI)は、IT運用管理「Senju Familyの最新版「Senju Family 2016」、および「Senju Family」をクラウド型でサービス提供する「mPLAT」の最新版を4月1日から販売すると発表した。

 「Senju Family 2016」では、新たにDevOps機能を追加し、開発部門と運用部門のコミュニケーションを効率化し、業務をスピードアップする。これにより、従来運用部門に依頼しないと確認できなかった情報も、統制を確保しつつ開発部門が直接確認できるようになり、エンタープライズシステムにおけるDevOpsを実現するという。なお、開発者向け機能の強化に伴い、「Senju Operation Conductor(Senju/OC)」は「Senju DevOperation Conductor(Senju/DC)」と名称を変更する。

 また、「Senju Family」をベースにした運用基盤クラウドサービス「mPLAT」では、要望が多い次の3サービスを追加した。

  1. ITサービスマネジメントの監視/分析サービス(mPLAT/IWC)
  2. イベント発生を自動通知するサービス(mPLAT/AEC)
  3. 状況を可視化するダッシュボードサービス(mPLAT/MDV)

 これらの新サービスによって、クラウドや仮想化環境に対する運用基盤の提供に加え、運用の自動化や効率化を実現する。また、収集したデータをNRIのITサービスマネージャが分析し、継続的な運用改善を支援するという。

 なお、NRIでは「Senju Family 2016」の発表セミナーを、5月27日(金)に開催するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5