Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

OKI、コンタクトセンター向けCRMソリューション「enjoy.CRM III Express」

  2016/03/22 13:00

 OKIソフトウェアは、短期間でヘルプデスク等の小規模なコンタクトセンターをシステム化したい企業に対して「enjoy.CRM III Express」を3月22日から販売開始する。「enjoy.CRMIII Express」は、コンタクトセンター向けCRMソリューション「enjoy.CRMIII」のシステム環境一式をあらかじめ設定した標準サーバーにパラメーター自動設定機能を装備して提供される。 これにより、最短1か月で運用を開始することができるという。

 「enjoy.CRMIII Express」は、システム環境一式をあらかじめ設定した標準サーバーで構成し、初期設定や業務運用に必須な画面項目の変更をパラメーター定義と自動設定で行う。これにより、これまでに比べて低コストで、導入期間が約半減となる最短で1か月から導入できるという。

 「enjoy.CRMIII」と同じ機能を提供するため、導入後はコンタクトセンターを運用しながら業務に合わせての機能拡張が可能。また、OKIのIPコンタクトセンターシステム「CTstage 6Mi」シリーズと標準連携することで、CTI連携による素早い顧客対応やCRMとCTIのクロスレポートによる、一次解決率分析や商品分類別の対応状況分析など、顧客満足度向上に役立つ機能を利用できるとしている。

 さらに、オムニチャネル対応を希望する場合は、電話やメールに加えてWEBサイトなどのチャネルを追加設定することで利用できる。

 「enjoy.CRMIII Express」の主な特徴は次のとおり。

 ・パラメーター自動設定機能により短納期で提供:導入に必要なものを標準装備しパラメーター自動設定機能を用いることにより、最短1か月で提供。画面項目の変更や初期データの設定まで含んでおり、管理者の負担を低減。

 ・優れた視認性:デザインに人間工学を採用したコンタクトセンター専用操作画面「コールパレット」の高い視認性と操作性により、オペレーターが瞬時に状況を確認可能。

 ・安心のサポート機能:検索機能を強化したFAQ・問い合せ機能、作業漏れを未然に防ぐお知らせ機能によりオペレーターサポート機能が充実。

 ・情報連携とチャネル拡張:自動メール配信やオムニチャネル対応など他部門連携やチャネル拡張が可能。

 ・素早い対応ときめ細かな分析:「CTstage 6Mi」「CTstage 6Mi Lite」と標準連携することで、CTI連携機能・クロスレポーティング機能を提供。

 ・業務拡張に柔軟に対応:項目や画面の追加変更などを適時カスタマイズすることが可能であり、運用開始後でも業務の成長や変化に合わせてユーザー自身でシステムを拡張できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5