Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年の国内サーバー市場は5,070億円で前年比7.3%増、出荷台数は2%減――IDCが発表

  2016/03/28 14:45

 IDC Japanは、2015年通年の国内サーバー市場動向を発表した。これによると、2015年の国内サーバー市場規模は5,070億円で、前年から7.3%増加した(図1)。また、出荷台数は56万2,000台で、前年から2.0%減少した。

2015年は2009年以降では最高の出荷額。出荷台数は全分野で減少

 2015年の国内サーバー市場は、2009年以降では最も高い出荷額となった。製品分野別では、x86サーバーが前年から出荷額を増やした。メインフレームやその他のサーバーの出荷額はマイナス成長であった。また、出荷台数は、前年に比べ全ての製品分野で減少した。

 x86サーバーの出荷台数は、6年ぶりのマイナス成長。新規需要による増加に比べて、サーバー集約による減少が大きかったとみられる。なお、2009年の国内サーバー市場は、リーマンショックの影響により、前年に比べ出荷額、出荷台数ともに落ち込んでいた。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤慎也氏は、「2015年の国内x86サーバー市場では、前年に比べて平均単価の上昇により出荷額が増加した。円安による部材コストの上昇を販売価格へ転嫁したことに加え、サーバー集約による1台当たりのメモリーなど、オプション類の増加が背景にある」と述べている。

ベンダー別の出荷額では富士通が首位、出荷台数ではNECが首位

 ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得した(図2)。前年に比べ、HPC専用機の大型案件が貢献した。x86サーバーは、2桁のプラス成長だったが、メインフレームは2桁のマイナス成長だった。

 2位はNEC。x86サーバーが2桁のプラス成長だった。メインフレームもプラス成長を確保したが、その他のサーバーは大幅なマイナス成長だった。3位は、日本ヒューレット・パッカード。x86サーバーが2桁のプラス成長だったが、その他のサーバーは2桁のマイナス成長であった。

 4位は日立。x86サーバーは2桁のプラス成長だったが、メインフレームやその他のサーバーでは2桁のマイナス成長であった。5位はIBM。メインフレームが2桁のプラス成長で、その他のサーバーでも前年並みを確保した。しかし、前年のx86サーバー事業のレノボへの移管による出荷額の減少により、順位を1つ下げた。6位はデルだった。

 また、出荷台数においては、NECが首位を獲得した。富士通が2位、3位以下は、日本ヒューレット・パッカード、デル、日立製作所、レノボの順だった。x86サーバー事業の移管によって、IBMに代わりレノボが6位になった。NECとレノボ以外の上位ベンダーでは、出荷台数が減少している。一方で、ODM Directの出荷台数は前年に続いて増加し、上位ベンダーに相当する規模になっている。

2015年第4四半期は出荷額で前年同期比10.5%減、出荷台数は同8.9%減

 同時にIDC Japanは、2015年第4四半期(10~12月)の国内サーバー市場動向を発表した。これによると、2015年第4四半期のサーバー出荷額は1,199億円で、前年同期比で10.5%減少した。また、出荷台数は13万台で、前年同期比で8.9%減少した。出荷額では、x86サーバーが前年同期比で2桁のプラス成長となっ た一方、メインフレームやその他のサーバーは大幅なマイナス成長だった。

 ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得した(図3)。x86サーバーは、プラス成長だったが、前年同期にあったメインフレームの大型案件の反動により、2桁のマイナス成長だった。2位はNEC。流通業の大口 案件がけん引し、x86サーバーは2桁のプラス成長。

 しかし、前年同期にあったスーパーコンピューターの大型案件の反動もあり、合計では2桁のマイナス成長だった。3位は日本ヒューレット・パッカードだった。x86サーバーは堅調だったが、その他のサーバーは大幅なマイナス成長であった。以下、日立製作所、IBM、デルの順だった。前年同期と比べ、順位に変動はなかった。

 今期のx86サーバー市場の出荷額は、平均単価の上昇により、前年同期比で14四半期連続のプラス成長となった。一方で、出荷台数はマイナス成長だった。流通業向けをはじめ、いくつか1,000台規模の大口案件はあったが、コア数の多いプロセッサーの採用によってサーバー集約が進んだことにより、マイナス成長となった。ベンダー別の出荷額は上位からNEC、富士通、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、デル、レノボの順であった。

 出荷台数では、NEC、富士通、日本ヒューレット・パッカード、デル、日立製作所、レノボの順だった。IBMのx86サーバー事業を併合して1年が経過したレノボは、前年同期比で出荷額と出荷台数ともに2桁のプラス成長となった。

 注:上記「x86サーバー」は、x86アーキテクチャのプロセッサーを採用しWindows、Linuxなどオープン系のOSを搭載したサーバー。Itaniumプロセッサーを搭載したサーバーやベンダー独自OSを搭載したサーバーはx86サーバーに含めない。また、「x86サーバー」と「メインフレーム」以外のサーバーを「その他のサーバー」として記載している。

図1:国内サーバー市場の推移:2005年~2015年(作成:IDC Japan)  
図2:2015年 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】(作成:IDC Japan)  
図3:2015年第4四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行した「国内サーバー市場2016年~2020年の予測:2015年第4四半期」にその詳細が掲載されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5