SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

トレンドマイクロ、「IoTセキュリティガイドライン ‐デバイスライフサイクルの概要‐」を公開

 テレビや冷蔵庫のようなスマート家電から自動車に至るまで、IoTデバイスと呼ばれるさまざまなデバイスがインターネットに繋がりはじめている。従来のインターネット環境のように、個人情報といったサイバー攻撃者の標的となる情報の交換も、それらのデバイスを通じてネットワーク上で行われ、クラウドに格納されることが想定されている。

 一方で、こうしたIoTを構成するシステムが侵害された場合には、それらを利用する一般消費者の生活にも影響を及ぼす被害が発生するリスクがある。トレンドマイクロでは、IoTを構成するシステムを包括的に保護するためには、それぞれの過程でセキュリティ対策を実施するのが有効と考え、クラウド、ネットワーク、デバイスという3つの層での保護を検討する必要があるという。

 今回公開する「IoTセキュリティガイドライン ‐デバイスライフサイクルの概要‐」では、IoTデバイスのセキュリティを確保するために、デバイス自体のライフサイクルに着目している。トレンドマイクロでは、IoTデバイスにおいては、想定しうるセキュリティリスクに対して設計段階で対策を講じる必要があると考えているという。さらに、情報セキュリティにおいて重要視される完全性、機密性、真正性、可用性の確保がIoTデバイスの保護においても重要だとしている。

 このガイドラインでは、IoTデバイスのライフサイクルを4段階に分け、各段階におけるセキュリティリスクとその対策について解説している。トレンドマイクロでは、IoTデバイスの設計・開発に関わる事業者に、セキュリティに取り組む最初のきっかけとして活用してほしいとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8609 2016/10/24 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング