EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシックスがドリーム・アーツのグループウェアとWebDBで国内約3千名のコラボレーション基盤を刷新

  2016/12/15 15:45

 ドリーム・アーツは、スポーツ用品で国内最大手のアシックスがグループ共通のコラボレーション基盤として、ドリーム・アーツの企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE(インスイート)」、およびBPM型Webデータベース「ひびきSm@rtDB(スマートDB)」を採用したと発表した。このサービスは、2015年2月より現在まで国内グループ約3,000名で利用されているという。

 世界50以上の国と地域に拠点を展開しているアシックスは、目標とするスリムでシームレスなグローバル組織体制と柔軟なワークスタイルに対応するため、海外拠点を含むグループ全体でメールやスケジュール機能をGoogle Appsに統一した。

 一方、日本国内の拠点では1990年代から従来のグループウェアを利用しており、データベースの乱立によって情報の氾濫状態に陥り、変化への迅速な対応が困難な状況になっていたという。

 そこで、国内特有のきめ細やかな業務に対応するため、Google Appsに加え新たなコラボレーション基盤として「INSUITE」と「スマートDB」を採用した。なお、インフラはAmazon Web Services(AWS)上に構築しているという。

 国内社員3,000名のポータルとして「INSUITE」と「スマートDB」を導入したことで、乱立した情報を1か所に集約することを目指している。従来のグループウェアには約7,000ものDBが蓄積されていたが、業務の見直しを行うことで2,500にまで削減、さらに業務の見直しと「スマートDB」」への移行で700まで削減し、徐々に移行していく予定だという。

 また、決裁手続きなどはモバイル端末で対応できるようになり、多様な働き方を実現するツールとしても業務変革を支援しているとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5