SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データ・アプリケーション、エンタープライズ・データ連携基盤 「ACMS Apex」の最新版を発売

 最新版では、エンタープライズ企業やサービス提供企業・サービス利用企業が、さらに運用効率よく、セキュアなデータ連携を実現する機能を実装したという。

 その1つが、それぞれの企業に独立してインストールされた「ACMS Apex」間を連携するAI(ACMS Apex間連携)機能になる。これは独自の機能で、グループ企業間や拠点間、サービス提供企業とサービス利用企業間といった、自社だけでなく企業間を跨った業務フローの連携やリソースの利用が可能になり、そして、ファイル転送を意識しないセキュアなデータ連携を実現するもの。

 また、共有する情報の範囲は、権限設定にてコントロールでき、サービス提供企業はサービス利用企業とのSLA(Service Level Agreement)にあわせた情報公開が可能だという。

 2つ目は、安全なデータ連携のために、複数サーバでの分散構成におけるサーバ間通信をSSL/TLSに対応た。既にバージョン1.0では、PCI DSSに準拠したファイルの暗号化を実装しており、データ保管時、通信時の両方でデータ保護に対応し、いっそうセキュアなデータ連携を実現している。

 「ACMS Apex」バージョン1.1での主な新機能は次のとおり。

 1. 独立した複数の「ACMS Apex」間を連携するAI(ACMS Apex間連携)機能を追加

 グループ企業間や拠点間、サービス提供企業とサービス利用企業間のシステムにおいて、ファイル転送を意識しないデータ連携が可能になり、相互の業務フロー、通信機能を利用できる。さらに、サービス利用企業はサービス提供企業との間で企業を跨り、フロー連携や通信を実行することができる。サービス提供企業は、権限設定により複数のサービス利用企業それぞれに対し、公開範囲を限定することができる。これにより、企業間のデータ連携の運用効率を向上する。

グループ企業間や拠点間連携イメージ  

 2. サーバ間通信の暗号化

 「ACMS Apex」を複数サーバに分散配置する場合において、サーバ間通信をSSL/TLSプロトコルで暗号化することで、セキュアな運用が可能になった。

 3. SAP EDIアダプタの追加

 「ACMS Apex」とSAP ERP間のデータ連携を行うSAP EDIアダプタ機能を新たに実装、IDoc(Intermediate Document)/RFC(Remote Function Call)によるデータの授受とステータスの同期が可能になった。

 4. SFTPクライアント機能の追加

 SFTP(SSH File Transfer Protocol)でファイル転送を行うサーバ機能に加え、新たにクライアント機能を追加、SFTPのサーバ機能を持つ取引先とのセキュアなデータ交換が可能になった。

 5. 全銀TCP/IP手順においてSSL/TLSプロトコルで暗号化

 国内EDIでの主要な通信プロトコル「全銀TCP/IP手順」の各電文をSSL/TLSプロトコルで暗号化することで、インターネットを利用しセキュアなデータ交換が可能になった。

 6. Red Hat Enterprise Linuxに加え、稼働環境として新たなOSをサポート

 ・統合管理サーバ:Microsoft Windows Server
 ・分散サーバ:Microsoft Windows Server/HPE HP-UX/IBM AIX/Oracle Solaris(SPARC)/IBM i(旧称IBM i5/OS、OS/400)

 7. 管理DBとして新たなデータベースをサポート

 PostgreSQL 9.4/MySQL 5.7/Microsoft SQL Server 2016/Microsoft SQL Server 2014 SP2

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8820 2016/12/22 09:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング