EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAP、MapR、レノボがHANAとHadoopによるインメモリーコンピューティングを検証

  2017/01/31 16:00

 SAPジャパン、マップアール・テクノロジーズ(MapR)、レノボ・ジャパンは、ビッグデータを高度に活用してデジタル変革を推進する企業を支援するため、Hadoop向けのインメモリーコンピューティングのソフトウェア「SAP HANA Vora(ハナ ボーラ)」を活用するためのベストプラクティスとなる、ビッグデータ活用のレファレンス・アーキテクチャをホワイトペーパーにまとめた。このホワイトペーパーは、SAPジャパン、MapR、およびレノボの共通パートナーから無償で提供される。

 今回、インメモリープラットフォームを提供するSAP、ビッグデータの統合データ基盤を提供するMapR、SAP HANAアプライアンスの出荷数で実績のあるレノボの3社が共同で動作検証を行い、ビッグデータ活用のレファレンス・アーキテクチャを作成した。

 具体的には、SAPのインメモリープラットフォーム「SAP HANA」および「SAP HANA Vora」、レノボの「Lenovo System × Solutions for SAP HANA」のアプライアンス・モデル、MapR社の「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」および「MapR on Lenovo System × for SAP HANA Vora」を組み合わせて動作検証を行い、その結果をホワイトペーパーにまとめ、レファレンス・アーキテクチャとして公開する。

 これは、検証済みのベストプラクティスとしてホワイトペーパーにまとめられているため、導入プロジェクト時に参照することで、プロジェクト期間の短縮や品質向上に貢献するとしている。

 MapRは業界で唯一エンタープライズ・ストレージの機能を持ち、かつ単一障害点やパフォーマンスボトルネックの問題を根本から解決したHadoopおよびSparkの機能を提供する。「SAP HANA」や「SAP HANA Vora」のデータ基盤として、ミッションクリティカルな利用に対応している。

 企業は「SAP HANA Vora」の活用により、「SAP HANA」上に蓄積したビジネスデータとともに、MapRの提供するコンバージドプラットフォームに保存されたビッグデータを、マッシュアップして分析することが可能になる。インメモリ/ビッグデータ間でデータ移動を行う必要がなく、各プラットフォーム上で高度な分析を行うことができるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5