SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NANAROQ、外部委託先のセキュリティリスクを可視化するクラウド型リスクマネジメントツールを提供

 「Supplier Risk MT」は、外部委託先に関連するセキュリティリスクを体系的に管理し可視化することで、外部委託先管理を効率化するアプリケーション。外部委託先企業ごとに個別に管理されていた情報セキュリティリスクを一元管理し、経営における最適な判断材料の提供を支援するという。

 「Supplier Risk MT」は、Salesforce App Cloud上のOEMプロダクトとしてクラウド上で機能し、委託先情報の一元化、委託状況の可視化によって管理の簡略化を実現する。これにより外部委託先のセキュリティリスクを正確に把握し、外部委託先管理におけるPDCAサイクルを効率的に機能させることが可能になるという。

 開発においては、NRIセキュアテクノロジーズがアドバイザーとなり支援を行った。NRIセキュアは「Supplier Risk MT」の販売代理店として製品を販売する。今後は、他の販売代理店からの拡販も予定している。

 製品の特徴は次のとおり。

 ・注視すべき委託先とそのリスクスコアが一目瞭然―ダッシュボード機能:ツリー表示とバブルチャートにて組織全体の委託状況を包括的に捉えることができる。委託状況やリスクの大きさが視覚的に把握できます。

 ・委託先管理と委託契約のマスターデータベースとして活用可能:委託先会社情報や委託内容、発注金額などの登録ができる。履歴の管理も可能。

 ・クラウドベース管理による効率化:マルチユーザー機能が利用できる。従来のファイルベースによる管理の煩雑さを解消。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8942 2017/02/08 14:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング