EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ベリタスとMicrosoftが戦略的パートナシップ、Azureストレージへのデータ移動が最適化

  2017/02/23 15:15

 ベリタステクノロジーズは、ベリタスとMicrosoftが、複数年にわたるグローバルな戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。両社は、ユーザー企業がMicrosoft Azureを使用してハイブリッドクラウド環境を最適化し、ベリタスの情報管理およびガバナンスサービスである「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureでホストできるよう支援していくという。

 今回のパートナーシップにより、ベリタスとMicrosoft社との長期的な関係が構築される。両社は、クラウドでデータを管理するためのシンプルでコスト効率に優れた包括的なアプローチを提供するハイブリッドクラウドストレージソリューションを実現するために協業し、双方の顧客企業に共同で販売する。

 顧客企業はクラウドを活用して、ストレージコストを削減しながら、ビジネスの俊敏性を高めることができるという。さらに、高度な分析や機械学習などAzureが提供するさまざまなクラウドサービスにより、クラウドに保存されたデータから、より多くの価値を引き出すことができるようになるとしている。

 パートーシップの一環として、ベリタスの企業向け主要データ保護ソリューションである「Veritas NetBackup 8.0」が、Azureに対してストレージ階層化をサポートするようになった。これにより、Azureクラウドストレージへのデータ移動が最適化されるため、データライフサイクル管理が強化されるという。企業では、コストが削減され、Azureの運用効率が向上するとともに、個別の単体製品でストレージを追加する必要が少なくなるという。

 中小規模企業向けには、「Veritas Backup Exec 16」が、バックアップデータのAzureへのシームレスな移動をサポートするようになった。これにより、時間とコストが削減され、リソースの節約がさらに進むとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5