SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT Com、クラウドのバックアップ/システム移行ツールとして「Arcserve UDP」を提供

 NTTコミュニケーションズは、「Enterprise Cloud」の顧客に対して「Arcserve UDP」のライセンスの月額課金提供を開始した。これにより、「Enterprise Cloud」上で稼働するシステムを自由な設定で保護でき、オンプレミス環境から「Enterprise Cloud」へのシステム移行や、「Enterprise Cloud」を利用したバックアップ、「Enterprise Cloud」内での異なるサーバタイプ間でのシステム移行が行えるようになるという。

 また、2017年6月末日まで、「Enterprise Cloud」の「Arcserve UDP」の使用料は無料となる。

 「Enterprise Cloud」は、OpenStackベースの共有型クラウドと、ベアメタルやハイパーバイザーを専有で利用できるハイブリットクラウドサービスで、グローバルで共通仕様/共通品質を提供する。11か国14拠点にサービスを展開しており、グローバルにおいてスピーディにICT基盤を構築できる。また、移行が困難だったオンプレミスのシステムを、そのままクラウドに統合できるというメリットがある。

 「Arcserve UDP」は、物理/仮想サーバのイメージバックアップ/リカバリを行うソフトウェア。シンプルで簡単なバックアップ運用に加えて、Arcserve独自のi2テクノロジと重複排除/圧縮の組み合わせにより、バックアップデータを最大95%まで縮減することができる。大きな特徴は、丸ごとバックアップしたシステムとデータを元に、OSや設定情報、データを丸ごと復旧できるベアメタル復旧を、異なるサーバや環境に対しても実行できることだという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9093 2017/03/28 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング