SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ノーチラス、Oracleベア・メタルクラウド上のバッチアプリケーション超高速化ソリューションを提供

 このソリューションは、ベア・メタル・インスタンス特性を最大限に引き出す、単一ノードのマルチコア/マルチプロセッサ環境に最適化された、オンメモリ上で高速に動作するDAG実行エンジン「M3 for Batch Processing」を実行基盤に利用する「Asakusa on M3BP」により構築されている。

 このソリューションにより、Oracle Bare Metal Cloud Servicesならびにクラウドサービスへの移行を検討中の顧客は、オラクルの豊富な統合クラウド・プラットフォーム群に加え、Asakusa Frameworkを利用した高性能な業務アプリケーションをOracle Bare Metal Cloud Services上で容易に構築、動作させることが可能になるという。

 Asakusa Frameworkは、導入したユーザーから高い開発生産性、複数の実行基盤をサポートするポータビリティ、Hadoop/Sparkの頻繁なリリースサイクルをAsakusa Frameworkが吸収しアプリケーションの長期利用を可能にする後方互換性が評価されているという。

 Asakusa Frameworkのラインナップに昨年追加されたAsakusa on M3BPは、タスクを単一ノード上のマルチコア/マルチプロセッサ環境で効率よく処理するために最適化されたフレームワークで、下記の特徴を有している。データがOracle Databaseにあり、より高速化を求めるオンプレミスシステムのクラウド移行を検討中の顧客に最適なソリューションだとしている。

  • 小~中規模データサイズのバッチ処理に非常に適しており、中間結果が全てメモリ上に収まる規模のバッチにおいてはHadoop MapReduceやSparkよりも高速、かつ高いコストパフォーマンス。
  • Oracle Bare Metal Cloud Servicesのベア・メタル・インスタンスとの高い親和性。
  • バッチに対するデータの外部入出力を行うコンポーネント WindGateの高速動作モード JDBC ダイレクト・モードを利用したOracle Databaseとのデータ入出力でも高いパフォーマンスを実現。

 Oracle Bare Metal Cloud Servicesは、パブリック・クラウドの柔軟性と利便性を、オンプレミス・インフラストラクチャのきめ細かな制御、セキュリティおよび予測性と組み合せ、ベンチマークテストで他社のクラウドと比べて最大20倍の速度といった高パフォーマンスで実行できるのみならず、高可用性およびコスト効率の高いインフラストラクチャ・サービスを提供している。

 また、このインフラストラクチャ上で、Oracle Databaseを稼働させるプラットフォーム・サービス「Oracle Database Cloud Service」も提供し、エンタープライズITのクラウド利用に最適なパブリック・クラウド基盤だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9344 2017/05/31 13:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング