SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウォッチガード、暗号化トラフィックの高速インスペクションを実現した新アプライアンス4モデルを発表

 M470、M570、M670では、急速に増加している暗号化Webトラフィックの処理に最適化されており、Copper/Fiber対応のポートも追加されている。ユーザはネットワークモジュールを追加することでCopperまたはFiberのポートを増設し、中堅規模企業のデータセンタにおける10G光ファイバー回線の増加などにも対応することができるという。

 また、新モデルではすべてのセキュリティ機能を有効にした環境での、暗号化トラフィックのインスペクション時のパフォーマンスも大幅に改良されている。独立系テストラボのMiercomでの検証レポートでは、Firebox M370は、HTTPSのフルインスペクションを他社のソリューションと比較して94%上回るスピードで実行したと報告されているという。

 新アプライアンスの主な特徴は次のとおり。

 ・パフォーマンスを劇的に改善:Miercomの検証により、Firebox M Seriesの新モデルは、HTTPS暗号化トラフィックに対するパフォーマンス評価において、競合製品と比較し、約3倍の処理スピードを達成。

 ・ポート数の増加による柔軟性の向上:M370以外の新モデルには、ポートを追加できる拡張スロットが用意されている。4×10GbFiber、8×1GbCopperまたは8×1GbFiberのネットワークモジュールが利用可能。

 ・AES-NIとCaveCreekクリプトアクセラレーションを備えるIntelプロセッサ:新たに採用されたチップセットにより、M Seriesアプライアンスはすべてのセキュリティサービスを有効にした状態で、HTTPSコンテンツインスペクション、並びにトラフィックの高速処理において業界最高レベルのパフォーマンスを発揮する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9692 2017/08/23 16:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング