SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、業務システム構築基盤ソフトウェアを機能強化しアジャイル開発およびDevOpsをサポート

 今回、新たにSoE(Systems of Engagement)領域に対応する製品「SystemDirector Enterprise for DevOps」をラインアップに追加し、アジャイル開発およびDevOpsを強力にサポートし継続的な高速開発を可能にするとともに、従来のSoR(Systems of Record)領域に対応する既存3製品(for Java、for Smart Device、for Batch)についても機能強化を行い、外部公開APIと連携したモバイルアプリケーションのGUIベースでの開発を、プログラムや設計書の自動生成機能により効率的に支援するという。

 また、ソースコードなどからシステム内の資産を可視化し、業務アプリケーション保守の効率化を支援する「SystemDirector Enterprise Asset Innovation Suite」について、新たに類似資産診断やメトリクス診断機能を追加し、既存システムの保守効率化やコスト削減を支援する。今回の機能強化の概要は次のとおり。

 1. 「SystemDirector Enterprise for DevOps」をラインアップに追加

 DevOpsを強力にサポートする新製品「SystemDirector Enterprise for DevOps」をラインアップに追加。具体的には、NECがこれまで培ってきたECや通販領域でのWebシステム構築・運用実績をSoE領域全般に活用し、開発から運用へシームレスかつ高速に実行できる機能などを今回開発・運用基盤として整備した。

 また今後は、OSS技術を採用し、コンテナ技術をベースとしたマイクロサービスの開発・実行環境など、ビジネスの変化への即応性を高める機能を順次提供していく。

 2. 開発コスト低減、短納期開発を実現する機能を強化

 「SystemDirector Enterprise for Java」「SystemDirector Enterperise for Smart Device」について、画面の要件確認と修正を短いサイクルで繰り返し行うことのできる設計ツールを、レスポンシブWebデザインに対応するよう機能強化を行った。

 また、「SystemDirector Enterperise for Batch」について、Javaバッチ処理用最新フレームワークjBatchに対応したバッチアプリケーションの開発支援機能を強化する。本機能の活用により、SoRとSoEの両案件で開発コスト低減、短納期開発を実現する。

 3. 「SystemDirector Enterprise Asset Innovation Suite」の強化

 「SystemDirector Enterprise Asset Innovation Suite」はソースコードなどからシステム内の資産を可視化し、業務アプリケーション保守の効率化を支援するもの。今回新たに以下機能を強化し、更なる既存システムの保守コスト削減や品質リスク低減を支援する。

  • オープンプラットフォームのCOBOL、COBOL/Sプログラムを用いた業務アプリケーション資産の分析への対応
  • アプリケーションの類似資産診断やメトリクス診断により、多角的な資産棚卸や品質リスクの把握を支援
  • 稼働情報の編集やWeb UI機能の追加により、操作性と利便性を向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9870 2017/09/29 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング