Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アクセンチュアが麻布十番に作ったイノベ拠点は「デザイン+テック+ビジネス」の祝祭空間

2018/01/19 08:00

 アクセンチュアが新たに東京都港区三田に、「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」を開設し国内のイノベーション機能を集約する拠点とした。館内ツアーの内容を紹介する。

アクセンチュアジャパンのグローバル地位向上に伴い拠点増強。

アクセンチュア株式会社 代表取締役社長 江川昌史氏

 「アクセンチュアジャパン」の世界の中での地位がここ数年で上昇した。売上が過去3年間で倍増し、数年前まではグローバルで6位だった順位が2017年には3位へと上昇。「さらなる成長のために国内の拠点を拡大・増強した」と江川昌史社長は自信ありげに語る。

 「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」は、「アクセンチュア・イノベーション・アーキテクチャ」というコンセプトをベースにしている。6つのフェーズのうち、「SHAPE」「PROTOTYPE」「BUILD」「SCALE」をおこなう拠点。

 開発・実証や共創拠点、さらにクライアントが常駐できるスタジオなどが3つの階でゾーニングされている。「AI、金融、デザイン、それぞれの分野の一流のプロが常時いる。お客さんがここに来ることで、相談中に別のプロが必要になれば呼ぶことも出来る」と執行役員の立花良範氏は語る。7階の「ナノ・ラボ」は今回初めて設けられた組織。「ブロックチェーンの次の波になる」とアクセンチュアが予測する量子コンピューティングの研究チームもある。

 アクセンチュアが提供するサービスは「イノベーション as a Service」。コンサルとしてのDNAは保ちつつ「ものづくり」まで支援する。「日本がデジタル化で遅れているというイメージがあるが、そんなことはない」と江川社長。執行役員の立花氏も「IoTやものづくり領域ではまだまだ勝てる。日本発のイノベーションを目指す」と語る。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5