Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セキュリティア、EDRを実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense」を販売開始

  2018/07/05 14:30

 セキュリティアは、EDR(Endpoint Detection and Response:エンドポイントでの検出と対応)を実装した米カーボン・ブラック社の次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense(Cb Defense)」の販売を7月5日から開始すると発表した。

 ■「Cb Defense」の3つの特徴

 1. クラウド上でビッグデータの解析の1つである「イベントストリーミング」処理を利用し、リアルタイムでファイルのみではなくイベントの流れ(関係性)を分析し、セキュリティリスクを判断する独自技術「ストリーミングプリベンション」による高精度な脅威の検知、既知/未知のマルウェアに加え、ファイルレスマルウェアの検知を実現している。

 2. 感染端末の自動隔離や調査に必要な論理的な隔離ネットワーク構築機能を持つ最先端のEDR機能。

 3. クラウドを使用した低負荷設計、CPUならびにメモリの利用率は1%以下。

 ■「Cb Defense」の使い方・利用シーン

  • 在宅勤務などのテレワーク環境の標的型攻撃対策強化
  • GDPR、改正割賦販売法、改正個人情報保護法等の対策
  • 自治体セキュリティ強靭化対策、医療ガイドライン(略称)対策

 ■「Cb Defense」の製品概要

  • 既知・未知マルウェアやファイルレス攻撃であっても検出が可能
  • EDR機能によるセキュリティインシデントに繋がるイベントへの対応
  • 万一の感染時でも早期検知により被害拡大を防ぎ、初期対応から復旧までをも実現

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5