Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2017年 国内エンタープライズインフラ市場、前年比1.7%増の6,346億円に――IDC発表

2018/07/19 14:00

 IDC Japanは、国内エンタープライズインフラ市場シェアを発表した。なお、エンタープライズインフラ市場とは、サーバー、エンタープライズストレージシステム(ExternalおよびStorage Expansionのみ)を合算した市場としている。

ベンダー別売上額は富士通、NEC、HPE、日立製作所、IBM、デルの順

 2017年の国内エンタープライズインフラ市場は、前年比1.7%増の6,346億円だった(参考資料)。富士通が前年比0.8%増でシェア23.2%を獲得して1位となった。次いでNEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、日立製作所、IBM、Dell Inc.(デル)の順だった。上位ベンダー6社のうち、前年比プラス成長を達成したのは、富士通、HPE、IBMの3社。逆にNEC、日立製作所、デルの3社はマイナス成長だった。

 上位ベンダー6社の明暗を分けたのは、主にメインフレーム関連ビジネスにおける更新案件の変動によるところが大きいと言える。富士通およびIBMはメインフレーム関連ビジネスが好調だったが、NECおよび日立製作所は低迷した。メインフレーム関連ビジネスは更新案件が大半を占めており、更新需要には”山と谷”があるという。さらに更新需要の山と谷のサイクルはベンダーごとに異なるといった特徴が現われた。

 HPEとデルの明暗を分けたのは、主にx86サーバービジネスにおける市場カバレージの差にあるとIDCではみている。主要なディストリビューターにおける両ベンダーの競合状況は、ディストリビューターにおけるインナーシェアの増減といった観点からはデルに勢いがあったが、システムインテグレーターなどを通した市場カバレージはHPEの方が広いとIDCではみている。HPEはx86ブレードサーバーやIA64サーバーでのミッションクリティカル領域における実績を通して大企業でのペネトレーションが高いからだ。

参考資料:国内エンタープライズインフラ市場 売上額シェア、2017年(作成:IDC Japan)

システムタイプ別では、SoRが全体の42.4%、SoE/SoIが11.4%、Otherが46.2%

 また、国内エンタープライズインフラ市場をシステムタイプ別に見ると、SoRが全体の42.4%、SoE/SoIが11.4%、Otherが46.2%を占めた。前年比成長率は、SoRが3.1%増、SoE/SoIが1.4%増、Otherが0.6%増だった。過去3年間のシステムタイプ別売上額を見ると、SoR、SoE/SoI、Otherの3つのカテゴリーの構成比に大きな変動はなかった。しかし、同市場の売上額は2017年にプラス成長となったものの、2015年との比較では10%以上縮小している。

 さらに、SoR向けエンタープラズインフラビジネスでは、顧客カバレージといった観点からシステムベンダーの棲み分けが進んでおり、他社競合から顧客を奪うことのハードルは高くなっている。さらに、SoE/SoI向けやOtherシステムタイプ向けエンタープライズインフラビジネスでは、ODM Directの存在感も徐々に増してきている。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ グループマネージャーである福冨里志氏は、「サーバーベンダーやストレージベンダーが留意すべきことは、主に次の2点である。1つは『サーバーやストレージ関連製品の開発コストの捻出方法』、もう1つは『外付型エンタープライズストレージシステム(External)の採用機会の減少』である。システムベンダーは、これら2点に対して中長期的な戦略、つまり事業構造の転換を図るための具体的かつ実現可能なプランを持ち、遂行していくことが求められている」と述べている。

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内エンタープライズインフラ市場シェア、2017年:SoR、SoE/SoI市場の競合分析」にその詳細が報告されている。レポートでは、国内エンタープライズインフラ市場(サーバーとエンタープライズストレージシステム)における出荷額をシステムタイプ別に分析している。

 具体的には、「SoR(Systems of Record)」、「SoE(Systems of Engagement)」および「SoI(Systems of Insight)」を合算した「SoE/SoI」、および「システム基盤プラットフォーム」と「機器/装置制御システム」を合算した「Other」の3つのカテゴリーごとに出荷実績を提供している。なお、調査レポートは2017年第4四半期版のIDC Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerおよび2017年下半期版のIDC Semiannual Server Tracker: Workloadに基づいている。

 ■注記:システムタイプについて

  • SoR(Systems of Record):法人や個人事業主の事業活動(商取引)や公的機関における公的サービス提供活動の記録や処理を行うシステムである。
  • SoE(Systems of Engagement):エンゲージメントには外部エンゲージメントと内部エンゲージメントがある。外部エンゲージメントは主に顧客および取引先との関係性である。内部エンゲージメントは社員や従業員との関係性である。ここでは顧客エンゲージメントに関わるシステムのみをSoEとして扱う。
  • SoI(Systems of Insight):収集したさまざまなデータの分析を通して、洞察(インサイト)を得るためのシステムである。
  • システム基盤プラットフォーム(SIP:System Infrastructure Platform):システムを安全かつ安定的に連携して運用するためのシステムや、コミュニケーションや共通ファンクションを提供するためのシステムである。なお、科学技術計算やアプリケーション開発などの用途も本システムタイプに含める。
  • 機器/装置制御システム(A/DCS:Apparatus/Device Control Systems):医療機器、キオスク端末、ビルファシリティ管理、自動倉庫システム、ファクトリーオートメーションにおける産業用ロボットや工作機械などの制御を主目的とするシステムである。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5