Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

複数サービスプロバイダ環境の課題を解消する「SIAM」とは【クラウド時代のサービス管理】

edited by Operation Online   2018/08/09 06:00

 最近SIAMという言葉が書籍やWebなどで見られるようになり、業界での認知度も少しずつ高まってきています。しかしながら、コンサルティングの現場における肌感覚では、IT部門の多くの方にはまだ馴染みが薄く、せいぜい「名前くらいは聞いたことがある」程度と感じます。本連載では、SIAMについての基本的な考え方(知識体系)と具体例として参考になる事例などをご紹介します。第1回は、SIAMの概要と、現状のIT部門が抱える課題をベースにその必要性について解説します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 加藤 明(カトウ アキラ)

    アクセンチュア株式会社 テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントクラウド&インフラストラクチャグループ シニア・マネジャー。グローバル企業を軸とした組織変革に伴うIT組織変革支援を手がける。特に、複数ベンダーの管理手法であるSIAM適用の戦略、計画立案に関する豊富なサポ...

バックナンバー

連載:SIAM入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5