Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「人」へのサイバー攻撃に有効なトレーニングを提供

2018/08/24 06:00

 日本プルーフポイントは7月25日、フィッシングシミュレーションとトレーニングを提供する新製品「Phishing Simulation and Security Awareness」を発表した。「People-Centric Security脅威対策ソリューション(ピープルセントリックセキュリティ:攻撃対象となり得る『人』に、よりフォーカスしたセキュリティ)」として、同社が持つセキュリティソリューションと組み合わせて提供される。

サイバー脅威は悪化の一途

 「Phishing Simulation and Security Awareness」の記者発表において、日本プルーフポイントの代表執行役社長であるフェゼック・ローン氏は、現在のサイバー脅威動向は「悪化していることは間違いない」と指摘した。具体的な動向として「マルウェアキャンペーン(攻撃)のボリュームの増大」「ランサムウェアの変種・亜種の急激な増加」「ソーシャルエンジニアリングの巧妙化」「URL誘導型の再来」「洗練されるクレデンシャルフィッシング攻撃」「ビジネスメール詐欺(BEC)の収益性の高さ」を挙げた。

日本プルーフポイントの代表執行役社長であるフェゼック・ローン氏
日本プルーフポイントの代表執行役社長であるフェゼック・ローン氏

 メール対策ひとすじに取り組んできた同社では、次世代型メールセキュリティ対策として、ゲートウェイで悪意のあるメールをブロックする「Email Protection」、クラウド型サンドボックスを中心とする脅威検知およびブロックを行う「Targeted Attack Protection」、メールの自動検疫により脅威の封じ込めを自動化する「Threat Response Auto-Pull(TRAP)」を提供している。

Proofpointの次世代型メールセキュリティ対策
Proofpointの次世代型メールセキュリティ対策

 フェゼック氏は、「メールによる脅威を100%止めることはできない。そのため1分でも早くレスポンスすることが大事」と語る。今回、同社が新たに提供を開始する「Phishing Simulation and Security Awareness」は、同社が2月に買収を完了したWombat Security Technologies社のフィッシング対策ソリューションを取り入れており、プルーフポイントとして新たな分野へのチャレンジになるとフェゼック氏は述べた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • Security Online編集部(セキュリティ オンライン ヘンシュウブ)

    Security Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業セキュリティ専門メディア「Security Online」編集部です。ビッグデータ時代を支える企業セキュリティとプライバシー分野の最新動向を取材しています。皆様からのセキュリティ情報をお待ちしております...

  • 吉澤 亨史(ヨシザワ コウジ)

    元自動車整備士。整備工場やガソリンスタンド所長などを経て、1996年にフリーランスライターとして独立。以後、雑誌やWebを中心に執筆活動を行う。パソコン、周辺機器、ソフトウェア、携帯電話、セキュリティ、エンタープライズ系など幅広い分野に対応。

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5