Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウォッチガード、統合セキュリティプラットフォーム「Firewareアプライアンス」にSD-WAN機能を追加

  2018/12/10 14:30

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、「Firebox Unified Security Platform アプライアンス」向けのオペレーティングシステムFirewareバージョン12.3を発表した。

 新バージョンでは、主なアップデートとしてダイナミックパス選択機能が挙げられ、複雑な分散ネットワークにおけるWANリソースを最適化しつつ、UTMによる多層防御でリモート拠点(支社/支店等)のセキュリティを確保することが可能になるという。

 SD-WAN機能とウォッチガードの一元実装ソリューションであるRapidDeployによる自動設定を併せて活用することで、容易にUTMを導入することが可能になる。このSD-WANの新機能により、シングルプラットフォームでサイトごとのセキュリティのシームレスなアップグレード、ネットワークのさらなる効率化、インターネットサービスのコスト削減、そしてクリティカルなネットワークおよびセキュリティの管理プロセスを統合することができるという。

  ウォッチガードは、組織のリモート拠点を脅威から守るだけでなく、SD-WAN機能でWANリソースを最適化する必要があるとしている。Fireboxアプライアンスは、マルチWANおよびポリシーベースルーティング、RapidDeploy、そしてアプリケーションごとのトラフィック管理といった機能を備えている。

 RapidDeployにより、事前にポリシーを選択して構成することができるため、SD-WANを大規模環境に導入して運用開始する場合には、実質的にFireboxの電源を入れてインターネットに接続するだけで完了する。

 また、Fireware 12.3で提供されるダイナミックパス選択機能により、各WAN接続のパフォーマンスを測定し、事前に構成したポリシーに基づき各トラフィックタイプに最善のパスを選択することが可能になった。

 SD-WAN機能のほかに、Fireware12.3は以下の特徴を備えている。

 ・プロフェッショナルサービスオートメーション(PSA)とTigerpawの新たな連携により、MSPは実用データとインテリジェンスを活用して管理能力を向上させることができる。

 ・新たなジオロケーションポリシーアクションにより、DNSやメールなどポリシーの規制ルールを削減することができる。

 ・USBに接続されたストレージ上のバックアップからの自動リストア機能により、システムのリカバリを早め、障害時におけるシステムリストアに関する包括的なオプションを提供。

 ・IPv6シングルサインオンのアップデートにより、WatchGuard DimensionレポートでIPアドレスではなく、ユーザ名を閲覧することができる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5