SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

バックアップ新時代

今後データ保護戦略はますます重要に 改めて知るバックアップの良いところ

 本コラムはいよいよ今回で最終回となりました。今回は原点回帰で「バックアップの何がよいのか」「どんなよい点があるのか」について紹介します。

バックアップの良いところは?

 バックアップ新時代と題した本連載は今回で最終回となります。連載の中で新たな局面を迎えているバックアップについて、「データのコピーを(バックアップとして)取得して、何かがあったら戻す」という、今までの単機能な意味合いでのバックアップというイメージからの脱却を図ることを第一の目的としていました。

 そのため現状のトレンドや世界の潮流などを踏まえつつ、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代やクラウドへの対応を見据えた、バックアップを含むデータ保護対策についてキーとなる様々な機能について解説してきました。最後となる今回は「バックアップの良いところをたくさん紹介」というテーマで締めくくろうと思います。

 昨今多くのバックアップソリューションを提供しているベンダーが、さまざまな機能をコンセプトとして発表、もしくは実装していますが、その中から「インスタントリカバリ」、「ストレージ連携」、「ランサムウェア対策」、そして「統合管理」といったキーワードについてそれぞれの機能の有効性を紹介します。

インスタントリカバリ

 インスタントリカバリとは仮想化環境でのリストアにおいて、バックアップデータの復元をバックアップシステム上の領域で行い、そのデータストアを直接ハイパーバイザにマウントして、仮想マシン及びデータベース等を即時利用できる状態にする機能です。

ルーブリック・ジャパン作成

 従来のリストアと比較した場合、従来の方法はハイパーバイザのデータストアに対してリストアを行うため、仮想マシン辺りのサイズも数百GBからTBまで肥大化する傾向にあり、リストア時のデータ転送における時間とトラフィックもこれに比例して増加します。

 しかしインスタントリカバリは短時間での復旧を可能にします。そして長時間のデータ転送に伴うトラフィックの占有やデータ転送中の失敗など、リストア時の副次的な障害を低減し、かつ迅速な復旧が可能となります。

 リストア作業全般においては、緊急時であっても一定の計画、実行、確認といったプロセスを待機するしかない復元までの時間を、インスタントリカバリで短縮できることはRTO(Recovery Time Objective/目標復旧時間)短縮につながり、最終的なサービスへの影響を最小限に抑えることに大きく貢献できる機能といえます。

次のページ
ストレージ連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
バックアップ新時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 昭知(サトウ アキトモ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12835 2020/04/24 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング