Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

OKI、顔認識エンジンで広告効果測定ミドルウェア―デジタルサイネージに応用

  2009/03/18 15:30

OKIは、顔認識エンジン(FSE 3)を応用した人物の年齢や性別を判別し、広告の効果測定を行うミドルウェア「Signage Eyr」を販売すると発表した。デジタルサイネージ市場向けに、サイネージ機器ベンダーに提供し、視聴者の分析機能を搭載した端末の開発を可能にするとしている。

 OKIは18日、デジタルサイネージ市場向けに、広告の効果測定機能を組み込んだ顔認識ミドルウェア「Signage Eye(サイネージ・アイ)」の販売を開始すると発表した。出荷は25日の予定。これまで、OKIの顔認識エンジン(FSE)は携帯電話向けサービスサイトやデジタルカメラなどに応用されている。

 デジタルサイネージは、ネットワーク機能を搭載するなどしてインテリジェントな広告コンテンツを表示する屋外型ディスプレイ端末だ。この数年で、電車、タクシー、公共スペースなどへの普及が進んでいる。

 Signage Eyeは、顔認識機能によって対象者の年齢や性別を判別し、ターゲティング広告を可能にする。最適な広告コンテンツ表示を制御できるだけでなく、効果測定にも応用可能だ。OKIでは、これらの機能がミドルウェアとしてパッケージ化されているので、幅広い端末やOSに組み込むことが可能としている。

 なお、撮影した映像は保存されず結果だけを利用するので一定のプライバシーは守られるという。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5