EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マルチクラウド、ハイブリッドクラウド時代に求められる新たな対策 【第2回】注目を集める「CSPM」と「CWPP」とは何か

edited by Security Online   2021/04/06 08:00

 新型コロナウイルスの影響を受け、生き残りをかけてデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えている。その基盤として、高い柔軟性・拡張性を持つクラウドサービスの採用も広がっているが、クラウドの設定ミスや不備に起因する情報漏洩や不正アクセスが後を絶たない。そのリスクへの対策として注目されるのが「CSPM」と「CWPP」だ。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 髙岡 隆佳(タカオカ タカヨシ)

    ゼットスケーラー株式会社 エバンジェリスト&アーキテクト   セキュリティ業界で18年の経験を活かし、製品やソリューションに捉われない、セキュリティ投資の方向性について啓蒙活動を実施。2019年よりゼットスケーラーのエバンジェリスト&アーキテクトとして、国内大手企業に対して、クラウドセキュリティによるリスク削減や課題解決のための支援を行う。また、クラウドセキュリティアライアンス(CSA Japan)SDP WGにてゼロトラストモデル実装の啓蒙にも尽力している。

バックナンバー

連載:DX時代を見据えた、改訂版「ITインフラ構築の教科書」
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5