SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

コンプライアンス“まる”プラクティス

内部統制の対応を始めたらルールをつくってもつくっても全然カバーしきれない、どうしよう?

第3回


【まるプラクティス】mal-practice。「まる」は、マルウェアなどの「まる(mal)」で、ラテン語で「悪い」「不完全な」といった意味を持ちます。ベストプラクティスの反対語にあたる「まるプラクティス」。失敗事例を検証・考察することで改善につなげます。

Question

Question

 米国SOXはルールベース、国際会計基準はプリンシパルベースなどという話を耳にしますが、具体的にはどう違うのでしょうか。

story

Answer

 日本語に直せばプリンシパルベース=原理原則主義、ルールベース=手続き主義とでもいいましょうか。制度設計においては、原理原則、つまりプリンシパルを明確にし、細かい運用は現場の判断にまかせるのか、それとも、あらかじめ細かいルールを定めて現場の判断の余地を少なくするのか、どちらを重視するのかを考えなければなりません。

 利害関係者の考えがそろっていて制度が複雑でない場合は、プリンシパルベースにすることができます。反対に、利害関係者が制度等に対する理解が十分ではなく、制度が複雑であれば、ルールベースの対応が必要です。

 しかし、手続きの整備にはコストがかかります。効果との兼ね合いもありますが、できる限りプリンシパルベースで制度運営ができることに越したことはありません。制度運営がはじまった直後というのは、環境変化によって今まで考えたこともなかったような状況が生じ、手続きを細かく規程していかなければ、という圧力がかかります。

しかし、その圧力に流されていては制度運営に関する社会的なコストは増大するばかりです。利害関係者の成熟度を高め、制度に熟知した人をそれぞれの利害関係者内で育てるとともに、密接に情報を交換し合い、制度運営に加わることで、プリンシパルベースでの制度運用が実現します。

 プリンシパルベースでは運用できないと叫ぶことは、成熟していないということを自ら宣言しているようなものです。プリンシパルベースでの制度運営を可能にするためにはどうすればよいのかを皆で考えることが重要なのです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
コンプライアンス“まる”プラクティス連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1520 2009/07/10 16:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング