SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

データ爆発と戦うシステム管理者のためのログ管理「虎の巻」

なぜ、ログを管理しなければならないのか?

システムの運用を担当する人間にとって避けて通れないのが「ログ」の管理です。本連載では、無理なく取り組めるログ管理の方法をご紹介します。第1回では、ログ管理を取り巻く環境の変化をおさらいしましょう。

はじめに

 みなさんは、「ログ」もしくは「ログ管理」と聞いてどういうイメージをお持ちでしょうか。前向きな、感じの良い印象をお持ちの方はあまり多くないかも知れません。「重要なのはわかってはいるけれど触れたくない」というあたりが正直な感想でしょうか。

 そのようなみなさんの想いは置き去りにして、ログ管理の目的や収集・分析のテクノロジーはどんどん変化しています。従来のログ管理は、いざという時のためにコンピュータ内の事象を記録し、溜め込んでおくというのが中心でした。しかし、今では、法令遵守やリスクマネジメント強化、さらには「過去を蓄積して未来の経営に活かす」といった重要な役割を担うまでになっています。

理解しているけれど触れたくないのがログ管理
理解しているけれど触れたくないのがログ管理

 このような環境変化の中にあって、ログ管理で成功を収めるには何が必要なのでしょうか? もちろん管理ツールの導入や運用手順の構築も大切です。しかし、それと同じくらい、むしろそれ以上に、「何のために」「何を」「どこまで」といった観点で、ログ管理に対する考え方を明確にしておくことが重要となります。

 これらの点を踏まえた上で、この連載ではログ管理の仕組みを構築する方法について解説していきます。

次のページ
「ログ」を取り巻く状況の変化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ爆発と戦うシステム管理者のためのログ管理「虎の巻」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前中 匡史(マエナカ マサフミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

今井 英貴(イマイ ヒデキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1555 2009/07/14 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング