Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、ERPパッケージ最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を発表

  2009/07/15 14:07

日本オラクル株式会社(以下 日本オラクル)は、オラクルのERPパッケージ最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を提供開始することを発表した。

「Oracle E-Business Suite R12.1」は、財務会計、人事管理、サプライチェーンマネジメント、購買調達、プロジェクト管理、マスターデータ管理など企業のビジネス基盤を支えるソリューションを包括的に提供するERPパッケージ。

最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」では、人事管理分野として、タレント・マネジメントに関わる機能を強化。人材データを可視化するタレント・プロファイル機能が追加され、人材の採用、配置、育成、評価、や処遇などの情報が有機的に連携する。

サプライチェーンマネジメント分野では、新機能として「Oracle Demand Signal Repository」、「Oracle Manufacturing Operation Center」と「Oracle Landed Cost Management」を追加。また戦略的調達を支援するアプリーション「Oracle Sourcing」も強化されている。

また、散在する販売拠点の需要情報と各種マーケット情報を収集して、グローバルな需要情報を一元管理。需要情報のリアルタイムかつ正確な把握を促し、最適な製販活動のための迅速な意思決定を支援する。。

その他、設備稼働率や生産実績など製造現場の情報をERPの生産計画データと連携して分析す「Oracle Manufacturing Operation Center」、サプライチェーンコスト管理の「Oracle Landed Cost Management」、マスターデータ管理の「Oracle Site Hub」や小売業界向けの商品データの統合管理するための「Oracle Product Information Management for Retail」を新たに提供開始。

技術基盤には、「Oracle E-Business Suite R12.1」の機能をサービス化し、他システムとのSOAによる連携をより容易にする標準機能として「SOA Gateway」がある。

また、Oracle E-Business Suite R12.1」の製品群の中には、「Oracle E-Business Suite R12」や「Oracle E-Business Suite R11i.10」の既存システムを最新版にアップグレードしなくても、追加機能として単体で導入することが可能なアプリケーションもある。

たとえば、保守部品計画を支援するアプリケーション「Oracle Service Parts Planning」、サプライチェーン情報の統合と可視化を支援するアプリケーション「Oracle Advanced Planning Command Center」、報酬管理アプリケーション「Oracle Incentive Compensation」や倉庫管理アプリケーション「Oracle Warehouse Management」などは、単体での導入が可能だ。

2009年7月15日(水)より提供開始。対応プラットフォームは、Linux x86 、IBM AIX Based Systems (64-bit) 、 Sun Solaris SPARC (64-bit) 、 HP-UX Itanium 、 HP-UX PA-RISC (64-bit)、Microsoft Windows (32-bit)、Linux x86-64。

価格は会計機能(税込) 262万1,850円(最小ユーザー数5名)から。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5