SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

エンタープライズマッシュアップを実現するコンポジットアプリケーション開発の現在

Eclipseでコンポジット・アプリケーションを実現可能にするIBM Lotus Expeditor

 前回からの流れを受けて、今回は、様々なユーザー・インターフェースの混在を解決するIBM Lotus Expeditorを紹介します。この製品は、Eclipseをプラットフォームに、リッチなインターフェースのフレームワークで開発を容易にします。

IBM Lotus Expeditor(ロータス・エクスペダイター)とは

 前回まで歴史的な背景などの多くの要因により様々なユーザー・インターフェースのアプリケーションがクライアント上で混在しているという現状と、混在によって引き起こされる問題点、ならびにその解決手法について説明をしてきました。第3回目は解決手法の1つとして紹介したコンポジット・アプリケーションを実現可能にする、IBMのクライアント製品であるIBM Lotus Expeditor(以下Expeditor)を紹介します(図1)。

図1 IBM Lotus Expeditor 6.1.1
図1IBM Lotus Expeditor 6.1.1

 Expeditorにはデスクトップ対応版のみではなくモバイル端末版も存在しています。本稿ではモバイル対応版に関しては説明を割愛し、デスクトップ対応版について説明します。

 Expeditorは企業向けのクライアント・プラットフォーム製品であり、高い操作性と豊かな表現力を実現するためのグラフィカル・ユーザー・インターフェースのためのフレームワークと、企業で使われている様々なクライアント・アプリケーションの統合を可能とするための多くのサービスなどを提供しています。クライアント・アプリケーションはExpeditorが提供するフレームワークやサービスなどを利用して実装することができ、以下の5つの特徴を実現することができます。

1. リッチアプリケーション

 高度なグラフィカル・ユーザー・インターフェースのフレームワークにより、表現力や操作性などに優れたユーザー・エクスペリエンスを提供することが可能なアプリケーションを実現できます。また、アプリケーションを実行しているクライアントOSとlook & feelの統一を計ることも可能です。

2. Webアプリケーション

 拡張可能なWebブラウザー用のコンポーネントにより、既存のWebアプリケーションを含めたすべてのWebアプリケーションをクライアント上で実行することができます。また、「戻る」ボタンの無効化、右クリックの無効化などの拡張により、ユーザーにとって扱いやすいクライアント環境が実現できます。

3. コンポジット・アプリケーション

 テクノロジーの異なるクライアント・アプリケーションを同一の画面上で表現し、さらにクライアント・サイドでのアプリケーション間連携を可能とするための仕組みが提供されており、その仕組みをそれぞれのアプリケーションが使用することによりコンポジット・アプリケーションが実現できます。

4. オフライン対応アプリケーション

 JavaEEやPortal(JSR 168 準拠)などのアプリケーションを実行するためのコンテナーをクライアント上のサービスとして提供しているため、従来であればサーバー・サイドで実行されるビジネス・ロジックをクライアント上で実行することができます。それによりプレゼンテーション・ロジックからビジネス・ロジックまでのすべてをクライアント内で実行ができ、オフラインに対応したアプリケーションが実現できます。またオンラインであってもクライアント上でアプリケーションのすべてのロジックを処理することで、レスポンスの向上、ネットワーク・トラフィックの削減を実現できます。

5. サーバー管理型アプリケーション

 Expeditor上で動作するアプリケーションはサーバーによるアプリケーションの配布、追加モジュールの配布、アプリケーションの無効化などの制御を行うことが可能になります。これによりクライアント・アプリケーションの管理をすべてサーバーに集約することで、クライアントの管理にかかるコストを大幅に削減することが可能です。

 以上のような、特徴を持つクライアント・アプリケーションが実行可能なことから、Expeditorは企業で使われるクライアント・アプリケーションのプラットフォームとして最適な機能を提供しているといえます。またExpeditorは、コラボレーション・スイートとして多くのユーザーに使われているIBM Lotus Notes/Dominoの最新バージョンのクライアント製品であるIBM Lotus Notes 8や、リアルタイム・コラボレーション製品である IBM Lotus Sametime 7.5などの、IBMのクライアント製品のベーステクノロジーとしても採用されています。また、Expeditorに対応したパッケージソリューションがIBM以外からも提供されています。

次のページ
IBM Lotus Expeditorの仕組み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
エンタープライズマッシュアップを実現するコンポジットアプリケーション開発の現在連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 淳(サトウ アツシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/227 2007/11/16 11:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング