SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

現場で使える!実践的要求定義テクニック講座

もっと確実、かつスマートに要求を定義するテクニックあります

第1回


目に見えないシステムの仕様を明らかにするのはとても難しいもの。しかし、明確化のための手法があることをご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。それらを活用すれば、何もしないよりもずっとプロジェクトの成功率がアップするはずです。

隣のプロジェクトはなぜ火を噴くのか?

先輩

どうしたの?微妙な表情なんかしちゃって。

後輩

プロジェクトがまた火を噴いてるらしいんですよ。何で、毎回毎回失敗するんでしょうね。

先輩

うーん、なかなか難しい問題だなぁ。ただ、要求定義が曖昧でコケてるケースは多い気がするね。

なぜプロジェクトは炎上するのか
なぜプロジェクトは炎上するのか
後輩

要求定義、ですか。

先輩

つまり、自分達がどのようなシステムを望んでいるかを明確にできていないってことだね。結果として、作ったシステムが「何か違う」ということになってしまうわけ。

後輩

なるほど、よく聞く話ですね。でも、明確にするってのはそんなに難しいことなんですか?

先輩

難しい!
実際、僕もしょっちゅうその難しさを実感するよ。これは多くのシステム開発者を悩ませる永遠のテーマのひとつなんじゃないかな。

後輩

そうなんですか。じゃあ、あちこちで火が吹いているのも無理からぬことなんですか?

先輩

うーん。まぁ、リスクを完全になくすのは難しいかもしれないね。ただ、そのリスクを減らすための努力はできるし、しておかなければならないと思うよ。

後輩

そうですよね。具体的にはどんなことをやるべきなんですか?

先輩

例えば、要求定義に必要なテクニックを身に付けることは必要だと思う。勘所を押さえて効率的にやれば、漫然とやっているよりもずっとリスクは減らすことはできるよ。

後輩

テクニック、ですか。具体的にどんなものなんですか?

先輩

お、その姿勢は良いね。じゃあ、ちょっと座ろうか。(次のページに続く

 

次のページ
要求定義の重要性 ~要求をあいまいにすれば、しくみは出来上がらない~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
現場で使える!実践的要求定義テクニック講座連載記事一覧
この記事の著者

佐川 博樹(サガワ ヒロキ)

 中小企業診断士。大手電機メーカの生産管理システム企画構築、関連会社のシステムコンサルティング、メディア企業向けセールスエンジニアを経て独立。現在は、中小零細企業向けのシステム導入コンサルティング、ネット活用、各種経営支援を行っている。中小企業診断協会 東京支部 城南支会 常任理事、NPO法人東京城南中小企業診断士会 常任理事。
著者のホームページ

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2420 2010/08/31 15:58

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング