SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

高速処理にはデータベース!

第4回


ExcelのデータをSQLServerに格納する

 ExcelのデータをSQL Serverに格納(「ロード」と呼ぶことが多いです)するのは、とても簡単です。SQL Serverには、Windowsのエクスプローラーのような管理画面が付いており、(SQL Server Management Studio、略してSSMSと呼びます)、データをロードするためのウィザードを使うことができます。

インポートウィザードを使って、Excelシート、ロード先のデータベース等を指定しすることで、
Excelのデータを簡単にロードすることができます
キャプチャ
キャプチャ

 このウィザードの裏では、実はデータをロードする機能が動いています。
 この機能を、SQL Server Integration Services (SSIS)といいます。今回SSISは、Excelにあるデータを引っ張り出し、ここでは特別に何もデータを変更したりせず、そのままの形でSQL Serverにロードしました。しかし、もっと高度なこともできます。たとえば、お客様からの商品受注のデータが入っている受注管理データベースから、受注日や商品などの受注明細のデータを引っ張り出し、お客様情報の入っているCRMのシステムからお客様情報を引っ張り出し、それらを結び付けながら、さらにIDやコードで管理していて分かりにくい項目は分かりやすいように書き換えて、SQL Serverにロードする、というようなことができます。

キャプチャ
複雑なフローを組む場合には、ウィザードではなく別のツールで設定を行います。
キャプチャ

次のページ
ELTツールをうまく使いこなしましょう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3399 2012/02/10 17:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング