SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

皆で1つの Excel を編集する便利な方法/SharePoint で共有してみよう

第3回


前回は、Excel 2010 の機能を利用することで、見やすく分かりやすいレポートを作れることを解説しました。とはいっても、ご紹介できたのはほんの一部の機能です。実際にはフィルターや並び替え、グループ化なども併用していくことで、表現したい形にレポートを整えていくことになります。さて、せっかく作ったレポートです、他の人にも見せたい、情報を共有したい、と思った時、どんな方法があるでしょう?

前回は、Excel 2010 の機能を利用することで、見やすく分かりやすいレポートを作れることを解説しました。とはいっても、ご紹介できたのはほんの一部の機能です。実際にはフィルターや並び替え、グループ化なども併用していくことで、表現したい形にレポートを整えていくことになります。さて、せっかく作ったレポートです、他の人にも見せたい、情報を共有したい、と思った時、どんな方法があるでしょう?

共有の方法はいろいろあれど

メールに添付して送る、USB メモリなどの外部記憶媒体に入れて渡す、社内などのイントラネットであれば共有ファイル サーバーに入れて置き場所を伝える、インターネット経由であれば SkyDrive やファイル転送サービスを利用する、など様々な方法が考えられます。

通常のファイルでしたらそういった方法でも全く問題ないでしょう。ただ、社外秘などの機密情報の場合や、複数の人が頻繁に更新してバージョン管理が気になるファイルの場合は、もっと厳密な管理が必要になります。そんな時に使えるのが、Microsoft SharePoint Server 2010 と SharePoint Online です。

いずれも、手元のファイルをアップロードしたり、アップロードされているファイルを参照/編集したりできる、コンテンツ共有基盤で、全ての操作をブラウザーで行うことができます。SharePoint 2010 は企業内に設置するサーバー製品の最新版で、Excel 2010、SQL Server 2008 R2 とほぼ同じ時期(2010年5月)に発売されました。SharePoint Online はそのオンライン版で、先日サービス提供を開始した Office 365 にも含まれています。

では、実際に、SharePoint Server を使うとどんなふうに Excel のレポートを共有できるのか、見ていきたいと思います。

次のページ
SharePointで共有

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3298 2012/02/10 17:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング