SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

皆で1つの Excel を編集する便利な方法/SharePoint で共有してみよう

第3回


Office 365でおためしあれ

このように、セキュリティやファイル管理といった面でも充実した機能を持つ SharePoint を使うことで、ある人が作った分析レポートの共有に始まり、別の人がそれに対する考察や別の視点からのデータを追加していくことで、複数の人の視点を取り込んで分析レポートをより良いものに仕上げていくことができます。

Office 365 に含まれる SharePoint Online は、クラウド上のサービスです。ファイル共有とその管理がより楽になる仕組みとして、まさにリリースされたばかりのサービスです。30日間の試用版提供も行っていますので、是非お試しください。 

ちなみに、今回この SharePoint の話を書くにあたって、社内で SharePoint のエキスパートにアドバイスをもらったのですが、お恥ずかしながら SharePoint がここまでの機能を持つとは知りませんでした。非常に多機能な製品なので勉強すべきことは山のようにありますが、内部的には私の担当製品である SQL Server を使用してもいますので、少しずつ勉強していきたいと思っています。

なお、画面ショットを撮るためにデモ環境を構築したのですが、その際には SharePoint Server 2010 インストレーション ガイドが大いに参考になりましたので、あわせて紹介させていただきます。

 Microsoft SharePoint Server 2010 自習書シリーズ インストレーション ガイド
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3298 2012/02/10 17:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング