SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

皆で1つの Excel を編集する便利な方法/SharePoint で共有してみよう

第3回


SharePointで共有

SharePoint では、複数の人がSharePoint に同時にアクセスし、アップロードされている同一ファイルをブラウザー内で同時に編集することができます。A さんが編集しているブラウザーに、同時編集中の B さんが入力したデータがリアルタイムに出現するのです。

例えば、東京と大阪の各支店の現時点での売上データをリアルタイムにまとめたいと思った営業本部長は、Excel でフォーマットを作って SharePoint にアップロードし、各支店の営業部に SharePoint 上のシートを編集するように依頼すればいいのです。

初めにどちらかの支店の営業部に Excel を送り、更新が終わったものを別の支店に送って更新してもらい、という方法ではやり取りも多く発生し、最初に入力した営業部がデータを修正/更新したいと思った際にはそれこそ面倒ですし、ミスも発生しやすいでしょう。また、データベースを基盤としたアプリケーションを組んでこういった仕組みを作ろうとすると、かなり複雑な実装になりますね。SharePoint や SharePoint Online には、こういったロジックが既に組み込まれていることになります。

SP admin ユーザーと Mr DEMO ユーザーがブラウザーで同時編集を行っています。
それぞれ、編集中のユーザーを確認することができます。
キャプチャ
キャプチャ
Mr DEMO が入力をしたデータは、すぐに SP admin の画面にも表示されます。
静止画なので何の驚きもありませんが、画面を見ていると突然データが表示される様を実際のデモでご覧いただくと驚かれると思います。(私は驚きました。)
キャプチャ
キャプチャ

なお、SharePoint にアップロードしたExcel ファイルを同時編集するためには、Excel Web Appを利用しますので、SharePoint にOffice Web Appsをインストールしておく必要があります。 この辺りは後ほどご紹介するインストール ガイドに詳しく記載されています。

次のページ
ファイル管理、セキュリティ…いろいろ便利な機能もあります

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3298 2012/02/10 17:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング