SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ビッグデータのリーサルウェポン!徹底解析GreenplumDB

Greenplumが来た道―開発の背景と特徴

001


ビッグデータ時代の課題とGreenplumのアプローチ

 さて、ビッグデータと言った場合、システム設計時に考慮するべき点は3つあると言われています。

  1. データ量の多さ「ボリューム(Volume)」
  2. データ処理に求められる高い性能「速度(Velocity)」
  3. データの種類の多さ「多様性(Variety)」

 GreenplumDBでは、このうち「ボリューム」と「速度」に対応するためにスケールアウトテクノロジーを基本アーキテクチャとして採用しました。

 スケールアウトテクノロジーとは、多数のサーバやストレージを高速なインタコネクトで接続することにより、演算処理の高速化と容量の確保を図るアプローチです。なお、この対局にある考え方はスケールアップテクノロジーです。

 スケールアップテクノロジーはサーバの台数は1台のままとし、サーバの性能以上に高い性能が必要となる場合、さらに大きなサーバへシステムをリプレースしていきます。容量の確保にはサーバへのより多くのストレージの接続を行います。このため、サーバの追加ができるスケールアウトテクノロジーと比較して性能向上のための作業が煩雑となります。加えて、リプレースの頻度を抑えるよう、将来必要となる処理性能を見越したサーバの設計が必要となるため、コストパフォーマンスという面でスケールアウトテクノロジーよりも効果が出にくいという難点があります。

 なお、3点目の「多様性」とは、これまでRDBが扱ってきた構造化された数値やテキストだけでなく、画像、音声と言ったバイナリデータやテキストであっても文章のように構造化されていない種類のデータも処理対象とする要件が高まっていることを指します。

 GreeplumDBは構造化データを得意としているため、「多様性」へはGreenplumDBだけではなく、Hadoopのような非構造化データの処理に長けた技術が必要です。このためGreenplumDBはHadoopとの高速なデータ連携の仕組みを追加し、「多様性(Variety)」に対応しています。Hadoopとの連携については、今後の連載の中で解説していきます。

次のページ
GreenplumDBの特徴

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビッグデータのリーサルウェポン!徹底解析GreenplumDB連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中村 完()

EMCに勤務するGreenplumのテクノロジーエバンジェリスト。2000年より外資ITベンダーにてサーバ、ストレージ、UNIX、データベースの技術提案活動に従事。 2007年 Greenplumと出会い、以来 Greenplumの提案活動を展開。縁あって 2010年9月に EMC社へ入社。好きな食...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3436 2012/02/10 17:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング